2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本女子大学
文学部

no image

写真

向井初音さん

東進衛星予備校蘇我駅東口校

出身校: 千葉市立千葉高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

リスニングの試験直前に、スピードを速くして類題を解いた

 私は、高校1年生の時に東進に入り、最初は定期テスト対策用にと受講しました。しかし、担任助手の方にに高速マスター基礎力養成講座をやった方がいいと言われ、毎日コツコツ進めて完全修得しました。

だんだんと定期テストだけではなく受験も意識して講座を取り始めた2年生。大岩先生の英語の文法の授業や、現代文の授業など面白い授業ばかりで集中して受講できましたが、成績はなかなか上がらず、特に英語はセンター試験本番レベル模試で毎回100点前後しか取れず、1年後どうなるか不安でたまりませんでした。

3年生。なかなか東進に顔を出すことができなかったものの、過去問演習講座 センター対策だけは受講し、空いた時間でセンターの過去問を解くようにしました。過去問演習講座 センター対策は解説授業がとても分かりやすく、間違えたところだけでなく正解したところも細かい解説が聞けたり、類題があったりしてとても充実していました。また、いつでもどこでも受講できるため、センター試験当日のリスニングの試験直前に、スピードを速くして類題を解いたため、直後の本番で今まででとったことのないくらい良い結果が出ました。

このセンター試験で「最後まであきらめなければ絶対にいいことがある」ということを経験したので、私立大学の試験でも試験の直前まで参考書を見て、試験中は最後の1秒まであきらめず粘り強く解き切りました。そのおかげで3校もの大学から合格をもらうことができました。頑張ってきてよかったです。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

基礎基本を大事にする

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

答え合わせをするときにマルバツだけをつけ、間違えたところはもう一度自分で考えてから解説を見る

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

良く聞く名前だったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなでお互いに高め合う場として活用した。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

仲間と助け合う力が付いた

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業はいつも映像で見る講師の方がが同じ空間にいたため普段より緊張感があった

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

英語のスランプが3年の12月くらいにあったが、ひたすら単語や過去問を解いた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

この大学に進学して学びたい、という気持ちを常に持つこと

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

校風が好きだったのと、自分の学びたいことがあった

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛くて苦しかったが、人生の大きな糧になった

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学では英語を頑張って、将来は演劇に携わる職に就き、人々に感動を与える人になりたい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
スマートフォンでも単語学習ができるところ

確認テスト
学習が身についたか確認できるところ

高速学習
同じ授業を短縮して見られるところ

Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅲ 】
授業内で長文を読む時間があるので緊張感があった

 日本女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

安河内哲也先生

難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅲ

入試への基礎力を固めるトレーニング講座

授業は毎回、単語・熟語・文法の基本事項を丁寧に確認することから始め、最後には実戦的な長文総合問題に挑戦します。知らない語句や文法事項については全て授業中のトレーニングで覚えるため、無理なく短期間で総合力をつけたい人に最適な講座です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校標準レベルの文法は修了している生徒