2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
理学部

no image

写真

渡邉一輝くん

東進衛星予備校仙台駅前校

出身校: 仙台二華高等学校

東進入学時期: 中3・7月

所属クラブ: バスケ

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

グループ・ミーティングや面談で計画の見通しを立てることができた

 私は、宇宙はロマンで満ち溢れていると思います。日本で天文学を学べる学校は限られています。僕が、東北大学を選んだ理由はそこにあります。東北大学は、全国でも数少ない天文学を学べる学校です。加えて、研究第一主義を掲げており、勉強するには最適な環境が整っていると考え、受験を決意しました。

僕が東進に入ったきっかけは、中学からの持ち上がりです。その時までは、私は生講義を受けていたため、映像による授業というものに不安を抱いていましたが、授業はとても分かりやすく根本的な理解につながりました。また、僕は、あまり計画の見通しを立てたりすることは得意ではないのですが、グループ・ミーティングや面談で週ごとの予定を立てる時間を設けてもらっていたことで、私でも大まかな予定を立てることができ、合格につながったと思います。

そして、模試の成績が悪かったり、AOⅢ期入試に挑戦して失敗したりした時にも、担任助手の方に励ましていただき、センター試験や一般入試当日にも毎回応援に来てくださり、精神面でのサポートもしていただきました。

僕がお薦めする東進の講座は「スタンダート物理」です。この講座は、テキストこそ薄いものの、物理の問題の考え方を教えてくださる講座で、知識を覚えるだけでなく、好奇心をくすぐるような内容でした。

僕は、運動部に所属していたので勉強時間を確保できず、成績が伸びず悩んでいましたが、高3の12月のセンター試験本番レベル模試から130点伸ばすことができました。東進の問題は、なかなか見ることのない問題に出会わせてくれるので経験をつむことができ、本番にも自信を持って臨むことができました。

いつ勉強の成果が表れるかは分かりませんが、成績はいつかは確実にあがります。12月の時点で目標を達成できているのが一番ですが、点数が低くても私のように上がったりするので、最後まであきらめずに頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

最終的判断のヒントになった

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

二次試験の会場に応援に来てくださった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

多くの問題に出会えた

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

持ち上がり

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

予定を立てる時間が設けられていて良かった

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

学者

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
隙間時間にできるので便利だった

過去問演習講座
問題数が多く、経験がつめた

志望校対策特別講座
問題数が多く、経験がつめた

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART2 】
考え方を学べた

【 ハイレベル化学 有機化学 】
テキストが詳しかった

【 過去問演習講座 センター対策 】
問題数が多く、経験がつめた

 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 39