2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

国際教養大学
国際教養学部

no image

写真

志村聡佳さん

東進衛星予備校仙台駅前校

出身校: 仙台二華高等学校

東進入学時期: 中3・2月

所属クラブ: 放送部 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

自分に合った東進の利用の仕方を見つけて第一志望合格をつかみとる

 私が国際教養大学に決めたのは高3の8月のことです。それまでは他の大学を明確な理由もなく志望していました。しかし、8月に入り、このまま目的もなく進んではいけないと思い、本当に自分にとって意味のある大学を探し始めました。

国際教養大学は全て英語で授業を行い、勉強に集中できる環境も整っている上に、全ての授業が少人数で行われていました。この大学に入れば自分の目指す将来に近づくことができると確信し、国際教養大学を第一志望に変えました。東進の先生方にも背中を押していただきとても心強かったです。

国際教養大学には推薦入試があり、一般入試と科目数があまり変わりませんでした。そのため、推薦入試を受験することが合格のチャンスを増やすことになると考え、受験することに決めました。

国際教養大学の試験内容には全てに英語のエッセイが含まれています。一つのエッセイを書くのにはおよそ一時間半から二時間かかります。これはかなりきついものだったので、私はエッセイは全て東進で書くと決めることによって、やる気を出して乗りきりました。静かなブースは集中して300語のエッセイを書ききるにはぴったりの空間でした。

推薦入試には面接もあったので、エッセイは東進で書き、並行して面接の練習を学校で行いました。 東進には学校の友達も通っており、その友達が毎日閉館まで残っていたため、私も一緒に残って勉強することができました。友達が一生懸命勉強している姿を見ると私も頑張らなくてはと気合が入りました。

私は東進にメンタル面で支えてもらいました。みなさんも自分に合った東進の利用の仕方を見つけて第一志望合格に向かって頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

高3の8月に第一志望を変えた時に、背中を押してもらえた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望大学に通っている同級生の話をしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高1、高2から受験することにより、早い段階で本番を意識して勉強できる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

友達が通っていたから

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

もともと差別問題に興味があり、自分はメディアを利用し世界に差別問題の今を伝えられる人間になりたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
林修先生の講座をうけて、「現代文でも答えは一つしかない」ということが分かったから。林先生最高。

高速マスター基礎力養成講座
英単語などを楽しみながら覚えることができるから。

担任指導
特にグループ・ミーティング。受験期は心が和み、リフレッシュすることができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】
国語の解答の作り方が分かったから。

【 過去問演習講座 センター対策 】
演習を繰り返すことにより、どんどんできるようになっていったから。特に、数学1と漢文と生物基礎は点数が大きく上がった。

【 高2ハイレベル現代文トレーニング 】
国語の基礎が身に付けることができたから。センター国語が30点以上上がった。

 国際教養大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒