2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
経営学部

no image

写真

谷洸介くん

東進ハイスクールせんげん台校

出身校: 春日部高等学校

東進入学時期: 高3・8月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

夏で本気にならないと後悔する

 部活を引退した7月下旬時点で、勉強をしてこなかった僕は、受かる大学があるか不安で仕方ありませんでした。受験に失敗した部活の先輩方から、夏で本気にならないと後悔するということを聞いていたので、特に夏休みは眠くても毎日机に向かうように注意しました。それが功を奏したのか、2年冬に受験したチャレンジセンターで115点だった英語で、夏休み中に160点を超すことができました。

夏休みが明けた後は、学校が終わったらすぐに東進に向かうようにしました。その時点で僕には問題演習量が圧倒的に足りていなかったので、過去問演習講座センター対策大問分野別演習をひたすらやり、基礎をしっかり固めていくことを心がけました。

センター試験レベルすらも完成していない状況でしたが、志望校の過去問演習も並行して進めていきました。友人には、数に限りがある過去問を、こんな時期に始めるのはもったいないとよく言われましたが、問題の傾向を知ったり、作戦立てを早めにできたりするという点で、第一志望の過去問演習は早めに始めて何回も解くことをお勧めします。

最終的には、センター試験レベルで英語は9割とれるようになり、国語は1年間で100点以上上げ、嫌いな日本史でも夏休み終了時点から2倍近く点数が伸びました。

東進にいる意識の高い皆さんであれば、きっと第一志望合格を実現できるはずです。皆さんの健闘を祈ってます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験大学をスムーズに決定できた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常によい目標でした

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

周りに通っている人が多かった。

Q
東進を選んだ理由
A.

高校と家の中間にあったため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

特になし

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

礼儀

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

なし

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

なし

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

常に前向きを心がけた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

音楽を聴く

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

気合と根性の見せ所

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

プレゼンをうまくなりたい

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英文が早く読めるようになるため。

【 吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編) 】
分かりやすいし面白いため。

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
テキストが良いため。

 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 62

吉野敬介先生

吉野敬介の的中パワーアップ古文(標準編)

的中パワーアップ古文(標準編)のスタートだ。今までにない新編集のテキストで古文を君のものに!

PART1からPART4で、早稲田・上智・立教・明治・青学・中央・法政・同志社・立命館・関西学院・関西そして当然、国公立の問題もたくさん扱う。「何をどう書けばいいのか」ー記述対策も徹底指導。単語・文法・文学史は当たり前。プラス敬語・常識・和歌修辞と、いたれりつくせりのグルメフルコース。さらに各大学の代表的な設問のパターンを徹底分析したスペシャルテキストを用意したので、来年の的中は当然、設問のパターンまでまったく同じ。そして取り扱う文章は、講座名と同じように的中する超頻出文章だけを使用する。

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:レベルは問わない。ただ古文を一番得意科目にして極められたらいいなあと思っている生徒ではなく、古文を極めて武器にしてやるんだという生徒が対象。