2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
農学部

no image

写真

樋江井達也くん

東進衛星予備校知立駅南校

出身校: 知立東高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: 野球

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

東進で毎日少しでも勉強をする習慣を身につけることができた

 僕は東進に入ってよかったと思うことが2つあります。

1つ目は勉強の習慣を身につけられたことです。入学した当時は運動部に入っていたこともあり、家に帰ると疲れ切っていて全く勉強しないということが多々ありました。そこで、東進に入学して毎日少しでも勉強をするという習慣を身につけることができたことが受験勉強につながったと思います。また、帰宅してからでも高速マスター基礎力養成講座や今日のコラムなどは短時間で行えるため、コツコツと進めることができました。

2つ目は自己分析ができるツールが充実していることです。僕は受験勉強において自分の苦手なジャンルを探して、それに集中的に取り組み、演習するというサイクルを作っていたため非常に助かりました。例えば、2カ月ごとに行われるセンター試験本番レベル模試は自分に足りていない部分がわかりやすかったです。成績表にはそれまで受けた模試の成績なども載っていて、長期的な観点から見ることで自分がわからなかったような欠点にも気づけました。センター対策においては、大問別演習を用いることで苦手な大問を十分と思えるほど繰り返し演習することで自信を身につけることができました。

僕は受験勉強を通して常に自分の立ち位置を顧みて、何をするべきか考えながら勉強をしてきました。一人ひとりに最適な勉強法は違うと思うので、自分に合った勉強法を見つけて目標目指して頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の好きな時に講義を受けることができるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

小テストなどをよく行っていた。また、グループ・ミーティングの後に残って他の人と問題集を解いたりもした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

メリハリをつけること。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分についてよく知るきっかけになったもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

他人と協力をして、自分の役割を全うしたい。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[応用編] 】


【 英作文Ⅵ 】


【 難関国立大総合英語 】


 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

宮崎尊先生

英作文Ⅵ

英作文の応用「英文ライティングの技術」編

難関大学の作文問題では「和文英訳」から「英文ライティング」への急激なシフトが起こっています。将来英語で発言できる人間を求めているのです。この講座のテーマは[1]英語の型に沿った(日本語からの訳ではない)考え方と英文の書き方(理由はどう述べる?因果関係・対比・例をどう表現する?)を訓練する[2]論じるテーマ(「少年犯罪」「いじめ」「代替エネルギー源」「人間のクローン」)のキーワードを覚えるという2つです。マニュアルに沿って、30ワードレベルから始め、どんなテーマでも200ワードレベルのまともな英語を書ける、というところまでいきましょう。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を志望し、本格的な英文ライティングを身につけたい生徒

宮崎尊先生

難関国立大総合英語

旧帝大レベルの国立二次・記述試験対策

厳選された質の高い英文素材を用いて、英文を読みこなすための思考力、作法を身につけていきます。旧帝大レベルの難関国立大における長文の「読解力」はもちろんのこと、各設問に解答するプロセスをていねいに解析することで、記述試験における「得点力」に磨きをかけましょう。※難関私大・国立大の両方を見据えた対策には「システム英語総合編Ⅵ」をお勧めします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国立大の二次記述試験対策をしたい生徒