2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

専修大学
経済学部/一部(昼)学部

no image

写真

水牧聖斗くん

東進ハイスクール鶴見校

出身校: 関東学院高等学校

東進入学時期: 高1・12月

この体験記の関連キーワード

基礎力がしっかりしていれば、センター試験で高得点をとれる

 僕は高校一年生の冬に東進に入学しました。この時期に親に塾に行けと言われて塾を探していて、兄が東進に通っていたため、入学を決意しました。

入学した当初はモチベーションがなく、あまり校舎に登校していませんでした。高校二年生の初め頃、地方の活性化に興味があり、第一志望校を設定しました。志望校を設定したことで以前よりは東進で勉強する頻度が増えました。

高校三年生になってから。受験生だという意識が高まるとともに東進に来て勉強する習慣がついていきました。勉強の方法としては、数学は受講したテキストの問題を、繰り返し解いていました。英語は受講したテキストの長文を、家で音読していました。

高校三年生の春にセンター試験の過去問を解き始めました。全教科9年分は解いて復習しました。夏は苦手科目である日本史の克服に努めました。秋以降は二次試験の過去問を解いていました。数学は10年分、英語は7年分、国語は4年分解きました。

直前期には再びセンター試験の過去問を解く比重を増やしていました。僕が受験勉強を通して一番伝えたいことは、徹底的に基礎力をつけることが大事だということです。基礎力がしっかりしていればセンター試験で高得点をとるのは難しくないことだと思います。僕は応用的な内容に急いでしまっていたので、もっと基礎的なことに時間をかけるべきだったなと反省しています。

大学では将来に繋がるような研究をして、将来的には社会に貢献できる人になりたいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進を選んだ理由
A.

兄が通っていた。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

モチベーションが上がる。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験期は毎日辛かったですが、周りの人が頑張っているのを見て自分もやらなきゃと思っていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

グループ・ミーティング

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

地方の活性化。地方に興味があったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

成長させてくれるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

地方の活性化に貢献する。

Q
東進のおすすめは?
A.

講座修了判定テスト
実力がついたかしっかり確認できる。

担任指導
客観的に分析してくれる。

実力講師陣
授業がすごくわかりやすい。林修先生の授業は特にわかりやすかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー(演習編) 】
これを受講したときに最も実力がついたと感じられたため。

【 難関大対策 自由英作文 】
添削してくれるから。

 専修大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1