2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

片岡俊人くん

東進ハイスクール北習志野校

出身校: 薬園台高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: サッカー部 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

後悔の無いようにじっくり志望校を考え、全力で努力することが大切

 僕は高校2年生の時に部活の友達と東進に入りました。

部活はほぼ毎日遅くまであって、勉強をしたくないと思う日も多くありましたが、友達が行くから僕も頑張ろうと思うことが多くありました。また、夏休みは文化祭が忙しくて勉強のことなど悩むことがありましたが、身近に仲間がいたから乗り越えることができたと思います。

他に受験を乗り越えられた理由として、最後までモチベーションを保てたことがあげられます。そのためにオープンキャンパスに行ったり、勉強に疲れたときはインターネットで大学のことを調べたりしてました。そのほかに、東進の担任助手の存在が大きかったと思います。実際に大学に通う先輩から勉強法や大学の中でのことを聞けたので、モチベーションは最後まで高く保てました。

僕から後輩に言いたいことは、最後まであきらめるなということです。受験を終えて、本当に何が起こるかわからないなというのが第一印象です。過去問で合格点が高くても本番では点数が取れず落ちた人もいるし、逆に合格しないと思われてた人が合格することもあります。志望校に強いこだわりがあるなら、そこは最後まできらめるべきでは無いと思います。

受験は人生で大きな分岐点となるものなので、後悔の無いようにじっくり志望校を考え、そこに向けて全力で努力することが大切です。僕は受験を通して何かに向けて努力することを学べたので、その経験を大事にして大学やさらにその先でも躍進していきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ高校出身なので、熱い指導が受けられました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校に受かるための熱い指導をしてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

2か月に1回あるので、それを目標に頑張ることができます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

学校と自宅を結ぶとても良い立地にありました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友達と勉強の情報を交換できるので、高いモチベーションを保てます。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活も文化祭も手を抜かずに最後までやりましたが、メリハリをつけることで両立できます。それらをやりきった日々は一生の思い出になります。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

千題テスト。普段一緒に勉強している人と競争ができて、もっと頑張ろうという気持ちになりました。また、このテストに向けて基礎をもう一度勉強したので、入試に向けての重要な期間になりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

苦手教科が克服できないときはつらかったです。もう一度基礎から徹底的にやることで乗り切りました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と競うことです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに行ってから、ここに行きたいと思うようになりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生。生きる上でなにかに打ち込むことは人間の基礎を築きます。受験、部活、文化祭も全て頑張ったこの受験期間は、まさに人生です。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は今まで親や先輩や先生など多くの人に支えられて生きてきました。今、大人になろうとしているこの期間、私は変わらなければなりません。今は、後世に貢献するばんです。独立しながら、自尊してみせましょう!!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
部活と勉強との両立が大変な中、学校の休み時間を使って効率的に英語の基礎が学べました。早く終わらせることで英語が伸びます。

担任指導
大学受験では分からないことがおおいので、講座や参考書の選び方について的確なアドバイスをもらいました。また、大学のことを聞くことで、モチベーションが上がります。

確認テスト
毎回の授業の理解度が分かるので、その理解度によって的確に授業の復習ができます。怠らずSSを取ることでコツコツ勉強する習慣が身につきます。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法を早くに完成することでいち早いステップアップができます。今井先生はそれを最も効率的に、また楽しく手助けしてくれます。

【 スタンダード日本史B(日本文化史Ⅰ) 】
文化史は後回しになりがちで、しかもただの暗記だと思われがちですが、金谷先生はその常識をひっくり返します。時代背景と合わせて、論理的に覚えられます。

【 早大古文 実力錬成編  】
真の古文が分かります。古文そのものをたのしみながらも着実に早稲田に向けた古文力が身につく最高の講座です。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒