2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

鳴門教育大学
学校教育学部

no image

写真

仁木夏鈴さん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: ボランティア

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

概念を理解すればこんなに考え方が変わるんだ!おもしろい!と感じた

 私は高校二年生の12月に東進に入校しました。当時、私は数学が苦手で悩んでいました。東進に入学する前は集団指導塾に通っていましたが、授業についていけませんでした。自力学習も試みましたが、数学の根本を理解できなかったため、応用問題が解けず、点数に結びつかずに困っていました。

そんな時、1年生の夏に受講した東進の体験授業を思い出しました。自分のペースで受講でき、わからないところを繰り返して見れる東進の授業は今の私にぴったりではないかと思いました。また、意識の高い生徒の中で勉強できる環境であったため、怠けずに合格を目指して頑張れると確信し、入学を決めました。

入学後、センター試験対策数学70%突破のⅠ・AとⅡ・Bを受講しました。その講座は前半の授業で基礎から見直してくれました。その中でも特に心に残っている授業が数列の授業です。今までは丸暗記で済ませていた数列の公式でしたが、数列の公式の根本をわかりやすく丁寧に教えてくれました。そのおかげで、今までは公式に当てはめるだけの問題だと思っていた問題が、論理的に考えて解けるようになりました。その時、数学の概念をしっかりと理解して解けたことの嬉しさと同時に、「同じ問題なのに、概念を理解すればこんなに考え方が変わるんだ!おもしろい!」と感じました。

また、後半の授業では難しい授業もありましたが、繰り返して受講したり、間違えた問題や確認テストを曖昧にせず取り組むことで乗り切ることができました。ときには、わからない問題に何度解説を見てもすっきりせず、苦しい時もありましたが、「あきらめずに机に向かってよかったな」とおもっています。

また、2ヶ月に一度行われるセンター試験本番レベル模試では2年生のうちから志望校合格に必要な点と自分との差を知ることができました。自分の立ち位置を把握したうえで模試後の勉強に取り組めたことは大きかったと思います。模試後に返される成績表では、細かく模試の分析がされているので、苦手な分野をみつけやすく、今後の勉強計画を立てる際にとても役立ちました。

合格した今思うことは、受験は絶対に1人では戦えなかったことです。私はたくさんの人に支えられたおかげで合格通知をいただくことができました。進路で悩んだとき、模試で思うように点が取れなかったとき、センター後推薦で周りの友達がどんどん合格していくなかで焦りや孤独を感じたとき、いつも励ましや温かい言葉をくれたのは一緒に東進に通った友達、先生、家族でした。

時には受験のプレッシャーや焦りに追われ、周りが見えなくなってしまい、1人で抱え込んでしまう時もあるかもしれません。そんなときは周りの人に相談してみてください。助けてくれる人は自分が思っている以上にいます。そんな支えてくれる人への感謝を忘れずに、一歩一歩前に進み、合格をつかみとってください!頑張ってください!応援しています!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手分野を苦手なままにせず、勉強すること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

意識が高い周りの生徒に刺激をもらいながら、自分のペースで勉強できると思ったから。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

周りの人に相談すること。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験勉強を通じて、自分としっかり向き合えたり、自分はたくさんの人に支えられていることに気付いた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

受験生活で支えてくださったたくさんの人に恩返しするために、人の支えに気付き、自分も支え返せるような人になること。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
志望校に合格した先輩と自分との差や苦手分野を知ることができ、今後の勉強に役立った。

確認テスト
その授業がわかったつもりになっていないか確認できた。

過去問演習講座
わかりやすい解説がありがたかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破) 】
数学を根本から教えてくれます。

 鳴門教育大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

志田晶先生

入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅱ・Bで70%を突破

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅱ・B(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅱ・Bを受験する生徒、センター試験数学Ⅱ・Bの過去問等の得点率が40%未満の生徒