2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
文学部

no image

写真

吉田凜香さん

東進ハイスクール調布校

出身校: 桜美林高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: チアリーディング部 副部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

一番大切にしていたことは「素直」

 東進に入る前は部活が忙しいということもあり、必要最低限のことだけとにかく頭に入れて意味も考えずに暗記して学校の定期テストを乗り越えていました。だから、定期テストは点数が取れるのに、模試になるとぜんぜん出来ないタイプでした。それが悔しかったので、東進に入学してから、どうやったら暗記したものを問題を解くときに発揮できるかを考えながら必死に勉強を始めました。

そんな私のタイプを変えて偏差値アップへ導いてくれたのが、板野先生の現代文の授業と安河内先生の英語の夏合宿でした。現代文は最初は苦手で偏差値がなかなか上がりませんでしたが、板野先生の解き方をそっくりそのまま覚えて、それで終わりではなく自分一人でもそのやり方で正解できるように演習を繰り返しやりました。現代文はとにかくいろんな分野の問題を解いて、解答の導き方をそれぞれ考えておくと、似た文章が出題されたときに、時間短縮になり、自信にもつながります。

英語はとにかく音読です。合宿で教わったように、音読しながら、日本語の意味がすらすらと出てくるようになるまで何度も何度も繰り返し同じ長文を読みました。私にとって東進の音読室で英文を読むのは恥ずかしくて勇気がいることでしたが、夏の英語合宿でできた友達が大きな声で音読し、頑張っている姿を見て、私もやろうと思い夏休みは一日も欠かさず長文音読を続けることができました。勉強を一緒に頑張る仲間は本当に大切な存在だと改めて気づきました。また単語は同じものを100回くらい繰り返すことが大事です。覚えたと思っても何週間かすると忘れてしまうからです。高2のころから始めて、高3の冬まで使い古しました。

日本史は一問一答に出てくる単語を暗記するより、どうしてその法令を出すことになったのかというような社会的背景を考えながら勉強すると絶対に忘れません。制度でもその名前ではなく内容や目的を覚えるほうが内容一致問題などで役に立つと思います。歴史の流れや因果関係をつかむためには、教科書を読むことがオススメです。

最後に私が勉強で一番大切にしていたことは、「素直」です。東進の先生方はプロなので、アドバイスを素直に受け止めて、真似するようにしていました。また、校舎長をはじめ東進には生徒のことをしっかり見て、声をかけてくれる担任助手の方が沢山いるので、やったほうがいいよと言われたことはすぐに実践してみるといいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

有名だったから

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業が良いと思ったから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

レベルが高くやる気に満ちた仲間に会えたこと。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

勉強が楽しいと思えた瞬間

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

日本史だけでなく、東洋史、西洋史、考古学も学べて、広い視野から物事を考える力がつくと思ったから。

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト


過去問演習講座


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 (直前)板野博行のハイパー古文 】


 青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5