2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1241人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
医学部

no image

写真

曽原将規くん

東進衛星予備校四街道駅北口校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

スタートの早さは結果を大きく左右する、一度決めたら貫く

 僕が大学入試において大切だと思うことの一つは、早い時期に勉強にしっかり取り組み始めることです。

僕は高校一年生のころから少しは勉強していたのですが、予備校に入るか悩んでいたときに、まだ多くの友達が学校の勉強しかしていないという環境や周りの「まだ予備校は早い・必要ない」という声に流されて家でのだらだらした学習習慣を続けてしまいました。このことで受験期になってからもっと早く入っていればあれも受講できたなどととても後悔することになったので、やはりスタートの早さは結果を大きく左右するものだと思います。

特に東進は、学校のカリキュラムに縛られることなく自分のペースでどんどん先に進むことが出来るので、このスタートの差を大きくつけることが出来ると思います。

もう一つは、一度決めたら貫くことです。たとえば参考書も前後や推奨教材との内容のつながり、各分野のバランスなどに工夫があり、一度決めた教材をころころかえ、中途半端に手を出すと無駄に理解に労力がかかったり、苦手分野が出来る原因になったりしてしまいます。また、志望校を途中で変えてしまうと、それまでその大学の傾向などの対策をしていた時間の多くが無駄となりかなり不利な戦いを強いられます。なので、はじめたことは最後までやること、最後までやる価値のある選択を時間をかけて行うことが大切です。

僕は何を勉強するか考える時間が人と比べてかなり長く、少し勉強時間が削られてしまいましたが、これはむしろ勝因だと思っています。自分にあわない勉強を長くするよりも適切な勉強をする方が楽に成績を伸ばすことが出来ます。

最後は、定番ですが、最後まであきらめないことです。僕は千葉大医学部の前期入試の判定ではBやCをとっていましたが、後期入試は毎回E判定でした。まぁ前期で受かればいいかと軽く考えていましたが、いざ前期に失敗して残るは後期のみとなったときの絶望感は尋常じゃなかったです。それでも最後まであがき続けた結果後期で逆転合格を決めることができました。現状を理解し、身の程をわきまえることも重要ですが、悲観的にならずに最後まで希望を持ち、戦い続けることが、後悔のない結果を出すために必要な最大の要因だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験勉強を始めたての段階で、情報がない中、自分が過去の合格者のどの位置にいるのかなどから私立の受験校などを一緒に考えてもらえ、とても助かった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

入試を少し前に自身で体験している人たちであるから、センター試験の準備や心構えなどを自身の経験にそって教えてもらえた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで勉強できるから。評判のいい講師が多いから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他校の人と、昼の休憩などで毎日話すほど仲良くなれた。学力も近い人と組まれているので、勉強を教えあういい仲間を作れた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター試験後やる気が低下した。周りのしっかりやっている人を見て、いい影響を受けるといいと思う。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望に落ちたら浪人と決めていたので、その焦りが原動力になった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

かなり学力が仕上がってくると楽しくなってきた。それまではただのルーティンのような感じ。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

地域の人々の健康を守り、信頼し好感を持ってもらえるような医師になることで、社会に貢献できるような人間になりたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
かなり基本的な内容から最難関対策まで網羅してあり、初学でこの授業を受けた直後二次の千葉大の過去問で有機9割近く得点できた。特にテキストがいい。11月以降これ以外に有機の勉強はしてなかったはず。

【 難関物理 PART2 】
苦手分野の対策としてとり、受け終わったら得点源になっていた。予習不要・復習必須の超難問の解説があり、物理の面白さを感じることが出来た。テンポが非常によく、唯一通常速で見続けた講座で、その分内容も濃かった。

【 ハイレベル化学 理論・無機化学 】
暗記要素が強く、独学に抵抗がある分野をしっかり時間をかけて固めることが出来た。

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4