2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

駒澤大学
経営学部

no image

写真

森和輝くん

東進衛星予備校知多つつじが丘校

出身校: 横須賀高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: バドミントン 部員

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

勉強を継続してやり続ける大切さがわかった

 自分が東進に入学したのは、高校3年生になるぐらいの時に入りました。入ってみて驚いたのは、担任との面談です。学校や以前入っていた塾と比べて丁寧で濃い内容の面談でした。特に模試の後の面談は、自分のやらないといけないことが明確にするために役立ちました。

具体的なアドバイスとしては、自分の間違えたところや曖昧な部分を紙に書いてファイルにまとめるよう言われたことです。最初は丁寧にやらないといけないので定着するまで少し時間がかかりますが、何度も自分の苦手な部分だけを復習できるので普通に復習するよりかは早く定着したと思いました。

東進は何度も模試があり自分の上達度が短い期間で確認できるのですが、自分はなかなか自分の目標値には届きませんでした。でもいつか確かな結果が出るように勉強を続けました。

正直つらい時もありましたが、周りの自分よりも頑張っている人をみてモチベーションを維持したり、自分への肯定を何度もしました。勉強には学力もあると思いますが、その中には精神力も含んでいると自分は思っていて、勉強を継続してやり続ける大切さを東進に入って改めて分かりました。

今合格して思うことは、自分から逃げないことをもっとはやくから気づきたかったです。自分は志望校に向けて勉強しようと思ってもまだはやいとか自分はやればできるとか今苦労しないために色んな逃げる口実をたくさん考えていました。

でも、なかなか模擬試験の結果がよくないことが続いたときに自分を見つめ直すと自分が自分を甘やかしているのに気付きました。そこからだめそうになる時もなるべく東進に行って頭をしっかり切り替えをしたりしました。もう少し遅かったら今とは違う結果になっていたと思います。

大学では経営を勉強するのですが、継続する大切さや周りの人との関わりあいを大事にしながらこれからも学び続けたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のやるべきことを明確にしてくれて、特に役立ったのは自分が間違った問題を紙にまとめてそれをファイルにまとめるようアドバイスしてくれたことです。センター試験の直前のときに何度も問題を解くので自分の苦手を少しずつなくすことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親しみやすく、勉強ももちろん勉強以外の話なども聞いてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

まず出題形式に慣れるという利点がありますが、模試は復習が大切なので自分の苦手分野が教科ごとに分かり良かったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

信頼の高い先生と実績

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

高校初めで最初は慣れるのに大変でしたが試合の経験や周りの部員と切磋琢磨したことはクラスや学校行事などでは経験できないことを経験できたので良かったです。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

忍耐力はもちろん自分の苦手な傾向が分かる。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

つらい時は自分を肯定した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格した後したいことを考えた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

行きたい場所と勉強したい学問

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

精神力鍛えるなど大人になるための大切な時間

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

ネット社会では炎上、いじめ、・・・などが起こっていることがあります。これらは発言者が自分の考え、思いまたは鬱憤を晴らす為にやっている思いますが、どれも互いに思いやりをもっていれば回避できると思います。なので、自分は互いに尊重し合える経営ができるよう大学で勉強し、たくさんの人と会話し、考えを共有できるようになりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
手軽で携帯さえあればどこでも勉強できるという利点や修了テストをやることで復習しやすくしっかり身につきました。

東進模試
自分の上達度が分かるのもありますが、自分のやらないといけないことが明確になることが役立ちました。

担任指導
ミーティングを何度もやることで勉強など様々なことを聞きやすくなるしモチベーション維持にもなりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の大逆転!(激)頻出英語!総チェック 】
よく試験にでるものばかりでセンター試験や私立試験にとくに役立ちました。第何講ごとにトピックが分かれていて、自分の苦手なところを中心にできます。また、私立の時に役立ったのは同意語や派生語、長文の解法集などものっていて直前の復習では十分でした。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
演習問題は発展的な問題ですが、取り組み方や発想を丁寧に授業してくれるので思考力が伸びました。また、基本事項や例題がのっていて公式や定理を忘れていても復習しやすかったです。後授業中にいう別のアプローチもしっかりメモをとることが大切です。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法、時制や助詞などとテーマ別で分かれており自分の苦手分野が分かったり、試験に出やすい形で問題があったりその+αなどまであります。あと文法だけでなく、短い長文が巻末にあり、長文に不慣れな人でも取り組みやすい形になっていて良かったです。さらに、今井先生は、自分が受けた先生の中で一番ユーモアがあって、慣れてくるとおそらく面白さに気付くと思います。堅苦しい授業が苦手な人にも良いと思います。

 駒澤大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒