2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

群馬大学
医学部

no image

写真

山田飛鳥さん

東進ハイスクール市川駅前校

出身校: 江戸川女子高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: マンドリンギター

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

最後まで「自己分析」「計画を立てること」「妥協しないこと」

 この一年間を振り返って、私は「自己分析」「計画を立てること」「妥協しないこと」を特に意識して受験勉強に励んできました。私は、高校二年生の時に、学校の模試で当時の第一志望校や、安全校の大学、挑戦校の大学すべてでA判定を取ったことがあり、それ以来勉強面で「今までどおりにやっていれば大丈夫だろう」と気を抜いてしまうことが多かったです。

そのため、高校三年生のでの一番最初の学校の模試や、東進のセンター試験本番レベル模試でE判定になってしまい、第一志望合格に向けてライバルを追う形で、受験生としてのスタートを切りました。結局、私が「自己分析」「計画を立てること」「妥協しないこと」が一人できちんとできるようになったのは12月でしたが、それからの4か月はとても濃密な4か月だったと思います。

私の苦手教科を科目ごと、その中でも分野ごとに細かく分けて、具体的に何が苦手なのか、また、演習量が少ない分野はどれかなどを「自己分析」し、それを克服するために最適な方法を考えてきちんとこなせるように「計画を立て」、例え、センターで判定が良くても決して油断せず「妥協しないこと」を問題集や過去問をやる上で毎日意識して勉強してきました。

また、受験期に崩れがちな精神面では、家族や友達、東進の担任や担任助手の方にその克服方法教えてもらったり、励ましてもらったりして勉強の調子が崩れないようにしていました。そんな、沢山の人が全力で私をサポートしてくれたことや、自分が最後まで「自己分析」「計画を立てること」「妥協しないこと」の3つを意識し、最後まで粘ったからこそ合格できたんだと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任には、受験校決定時や精神面で大変お世話になりました。偏差値や判定だけで受験校を決めていた私に、「その大学の評判や成長率によって倍率が変わることもあって偏差値と判定だけでは判断出来ない」ことを教えてくれました。また、私が落ち込んだ時に私の性格を考慮したうえで励まして頂いたおかげで、苦しい時も長々と悩んだり落ち込んだりせずすぐに勉強に切り替えられました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方には、勉強の計画を立てたり、大学の志望理由を考えたりするのを一緒にしていただき、国立二次で使う小論文の添削もしていただきました。どんなに忙しくても、時間を取って一生懸命考えてくれたり、一日に三つも添削をお願いしても嫌な顔一つせずすべて丁寧に添削してくれ、大変お世話になりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手克服のための自己分析に活用できるだけでなく、自分で問題解く時には味わえない試験を受ける時の緊張感も経験できるので本番の緊張に備えてどのように気持ちを落ち着かせ安定させるかを模索すると良いと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

夏期無料体験講習で初めて東進の映像による授業で数学に触れ、授業が分かりやすかったり、映像による授業が便利であることから入学しました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

その都度自分の一週間の行動が振り替えられるので自分が立てた計画から大幅にずれることが無く勉強が進められたと思います。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

自分が所属していたマンドリンギター部ではグループ制だったので、メンバー同士でお互いに出来ないことは補い合いながらグループで一つの目標に向かって何かをつくりあげていくことの楽しさや大変さを知ると共に積極性、協調性が身についたと思います。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

冬期合宿に参加しました。勉強を長時間する事で、自分の限界を知ることができたので受験期の生活リズムや勉強ペースを安定させるのに役立ったと思います。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

今井先生の公開授業です。そこで復習にする音読の重要性を知ることができました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

身体的につらかったときは、あまり時間を取って休むことができなかったため、生活リズムを整えることを意識してそれ以上体調が悪くならない様にしていました。精神的につらいときは、とにかく人に話を聞いてもらって、辛いことをため込まないようにしていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と受験が終わったらやりたいことを話したり、お互いに辛いことを話し合ったり、勉強法を教え合ったりしました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

キャンパスが広く、勉強に専念するために、東京のように遊び場が近くになような大学に通いたいと思ったからです。また、他の大学より医学部の中により多くの医療系の学科や専攻があったので、将来に自分が関わる医療チームにより近い環境に携われることや、国際交流が盛んだったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とにかくつらかったです。思うように成績は伸びないし、自分にとって勉強は好きなものではなかったから、ずっと勉強するのはつらかったです。でも、終わった今では、年前と比べて学力の面だけでなく精神面でも自分は成長できたかなと思っています。短所であった「忍耐力がない」は克服できたと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

「人間の寿命が百歳になる」と言われる中、医療の面で必要とされるようになると言われているのが「透析」です。自分はその透析を含む様々な生命維持装置を管理・操作する臨床工学技士になって医療に携わり社会に貢献していきたいと思っています。そして、いずれは、外国人が日本で病院を利用する際にきちんと対応できるような国際的に活躍できる医療人になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
得にオススメなのは、センター試験本番レベル模試です。自分が力を入れていた「自己分析」を、自分がやるよりもより細かく、より正確にしてくれたものが成績表として見れるからです。私は、それを活用して苦手分野を克服するようにしていました。本当に細かく分析されているので自分がやるべきことが明確に分かります。

高速マスター基礎力養成講座
高速マスター基礎力養成講座の英語は、センターレベルの単語、熟語、文法だけでなく、二次レベルの上級英単語、熟語、学部別の頻出単語も対応していて最後まで必須のシステムだからです。おすすめの方法は、紙媒体の単語(熟語)テストを定期的にすることです。実際に単語の意味を書くのでリーディングだけでなく、二次試験で必要とされる内容説明や和訳にも役立ちます。

過去問演習講座
自己採点を自動でしてくれたり、学習優先順位を付けてくれたりしてくれるからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
とにかく、おもしろいです。眠くなってしまう授業の中盤で受験勉強の為になる話をしてくれます。順調に講座を進められれば自然と英語の成績が伸びます。

 群馬大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒