2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
法学部

no image

写真

増古喜文くん

東進ハイスクール武蔵境校

出身校: 武蔵高等学校(都立)

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: ラグビー部 フルバック

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

長く懸命に部活に取り組むことは強い精神を育てアドバンテージとなる

 僕が東進に入学したのは高校3年の6月、苦手な数学の補強を目的としてのことでした。秋までほぼ毎日部活があり、夏休みを含めあまり勉強時間が取れないことが分かっていた中で、受験までに勉強が終わらないのではないかという焦りもありました。

引退までに受講したのは松田先生の「受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用)」のみでしたが、自分で考える力を身に付けることができるこの授業は、これまで数学というものから逃げ続けていた私に立ち向かう勇気を与えてくれました。確実に実力アップにつながったと思います。これと併せ、もともと得意であった英国社は学校の勉強を中心として取り組むことで、全教科の基礎学力を高め学校の模試で良い順位をキープできるように心がけました。

9月の半ばに引退した後、数学以外の教科も受講するようになりました。夏季の短期講座が中心で、ようやく受験用の勉強を始められたのはこの頃だと思います。

限定的な話になりますが、国公立志望の世界史選択の方には、荒巻先生の記述対策を扱った講座をお勧めします。僕は、世界史の勉強は基本的に教科書のみで十分だと思っています。しかし、そのサポートとして東進を利用するのは非常に効果的です。荒巻先生の授業を受けることで上手な教科書の読み方を学ぶことができ、今まで特に注意を向けることなく読み流していた文章が、急に重要な意味を持って見えてきます。これによって実際に入試問題に出会ったとき、出題者が何を聞いているのか、教科書の答えに該当する部分はどこなのかがはっきりと見えるようになり、世界史を得点源にすることができます。

年が明けてからは単元ジャンル別演習講座はセンター対策にとどめ、過去問演習講座を用いた2次試験対策を行いました。僕は時間の問題もあり、それほど多くの年数分の過去問に取り組めませんでしたが、解説授業が素晴らしいため復習をしっかりすることで効率よく合格に近づくことができました。過去問と復習、これをセットで行うことが受験の上で最も大切なことだと思います。

これから受験を迎える皆さんに勧めたいことが2つあります。1つ目は英語に毎日触れることです。受験会場での緊張の中、母国語でない言語を理解するのは至難の業であり、英語が得意な人ほど文章が読めないとパニックになる恐れがあります。文字を見ただけである程度頭に意味が浮かんでくるようにしておくと、自信になりますし精神的にも安定します。

2つ目は部活を最後までやり抜くことです。周りの人々が勉強に専念してゆく中、高みを目指して部活に打ち込むときの精神状態は、周りの人々が次々と受験を終えてゆく中で、最も日程が遅い国公立の大学を目指して勉強するときの精神状態と同じです。したがって、他人より長く懸命に部活に取り組むことは、一般的には受験において不利に見えるかもしれませんが、強い精神を育てることでありむしろアドバンテージとなるのです。

そして勉強面、時間面に関しては東進がサポートしてくれます。これらを総合し人間的に成長できたとき、必ずや道が開けるでしょう。法学部に入ったからには司法試験をとるのか、また部活やバイトはどうするのかで現在頭を悩ませていますが、そんな毎日を楽しんでいる自分がいます。今後皆さんも最高の結果を掴み、楽しい大学生活に進めるよう心から祈っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

学校から近い。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】


【 世界史記述問題演習 実践編① (400字以上の問題) 】


【 過去問演習講座 一橋大学 】


 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

友達にシェアする