2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
基幹理工学部

no image

写真

小林竜之輔くん

東進衛星予備校京成佐倉校

出身校: 佐倉高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: サッカー部 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

早い段階から受験勉強を始める、地道に努力していく

 僕は高校1年生の3月に東進に入学しました。その頃はまだ志望校が明確に決まっておらず、受験そのものに対する意識もあいまいでした。しかし、担任助手の方と面談するうちに、将来の夢や、志望校も固まり、自分の中の受験に対する姿勢も変化していったと思います。

高校ではサッカー部に所属していて、東進に入った初めのうちは部活に専念していて、あまり勉強時間をとることが出来ていませんでした。しかし、部活後や自宅での隙間時間にも高速マスター基礎力養成講座を取り組んだことにより、英単語や英文法などの理解、暗記が一気に進みました。基礎を固めるためには少しの時間でも毎日取り組むことが大切であることを痛感しました。

高校2年の夏、1年上の先輩方が部活を引退して勉強に専念していく姿を見て「自分も1年後は受験なんだ」という気持ちが強く芽生え、そこから今まで以上に勉強時間を増やすことを決めました。その際、自分の意欲に合わせて学習ペースを上げることができる東進の学習スタイルは本当に武器になりました。

途中、勉強時間や量を増やしても模試の成績が思ったように上がらず、とても落ち込んだこともありました。本当に辛い時期もありましたが、担任助手の先輩に励まされながら、あきらめずに毎日勉強を積み重ねていくと高校3年の4月辺りに急激に成績が上がっていき、それにともないモチベーションも上がっていきました。そこで満足せず、基礎基本を徹底して固めたことで点数もぶれることなく安定して高得点がとれるようになりました。

自分のこのような経験から後輩の皆さんに伝えたいことは、「早い段階から受験勉強を始める事が大切であること」、「たとえ、成績が思ったようにいかなくても、簡単に諦めるのでなく地道に努力していくこと」の二つです。成績は後から必ずがついてきます。目の前の成績だけではなく最終的な目標を見て今やれることを精いっぱいやることが、結局は志望校合格への一番の近道になります。

高校の進路指導の先生や東進の先生が言っていたように、受験生活では多くの貴重な経験ができました。僕は大学入学後も様々な経験を積み、社会に貢献できる人間になりたいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学部などを決める時の将来設計などを相談したときに親身になって聞いてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の事から勉強の仕方まで実際の経験から様々なアドバイスをしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難易度が高く、復習したときに得られるものが多い。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活の先輩に誘われたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ内の友達とお互いに切磋琢磨することができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忙しい部活の中で有効的な学習をするためのスケジュールの立て方を学んだ。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業では、勉強の仕方だけではなく、将来への目標の見つけ方などを教えてもらった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

直前期は、何を勉強していいのかわからなくなってどんどん無駄な時間が経過していったことに焦りを感じた。担任助手の方々に相談して気持ちを楽にして乗り越えられた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校に通っている担任助手の方から大学の事を教えてもらってその大学に入りたいという気持ちが原動力となった。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

偏差値的にも研究力的にもレベルの高い所で、かつ努力すれば入ることが出来そうだったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分との戦い。本当にいろいろな経験ができました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で留学生や教授などいろいろな考え方を持った人と交流し、自分のより細かな目標となるものを明確にしていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
模試の成績が上がらず心が折れそうになった時も優しく、厳しく励ましてくれました。センター試験の時には応援にも駆けつけてくれましたし、私立大学受験の時には、当日の会場の詳細まで調べてくれました。

東進模試
他の模試に比べ難易度が高くためになった。

高速マスター基礎力養成講座
早い段階で基礎を習得できた。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論化学 】
テキストが丁寧でとても分かりやすかった。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10

友達にシェアする