2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

金沢大学
医薬保健学域

no image

写真

繰納志麻さん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢大学附属高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: STA 副部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

過去問演習は、解き直しを丁寧にすることを心がけた

 私は家よりも東進のほうが勉強に集中できると思ったため、毎日東進に行って勉強し、家にいる時間は英単語をしたり、教科書を読んだりしていました。私が本格的に受験勉強を始めたのは、高3の6月からです。部活を辞めたのをきっかけに、受験勉強に力を入れるようになりました。

もう1つきっかけとなったのは、このタイミングで志望校の過去問を1回解いたことです。解答時間が足りず、自分の学力の未熟さを自覚する一方で、合格するためにどのような力をつければよいか、大まかな道筋も見えたように感じます。その後、11月の後半までは二次試験に向けた記述式の勉強を主にしていました。

特に夏休みを、苦手だった物理と化学の問題集を解く時間に充てたいと思っていたため、東進の通期講座をできるだけ早く修了することを目標にしていました。記述式の勉強が一段落ついた後はセンター試験を重視し、11月の後半からはセンター試験対策をしました。問題集や過去問演習をする際は、解き直しを丁寧にすることを心がけました。理解が深まると、類題が解けることも多くなり、いたずらに量をこなすよりも効果的だったと感じています。

私が受験勉強をする上で一番大切だと思ったことは、あきらめずに努力し続けることだと思います。模試の判定が悪くても、それにとらわれずに、できることをし続けることが大切だと思います。今年受験生になる皆さん、受験勉強は辛いですが最後まであきらめずに取り組むと、入試本番まで点数は伸び続けます。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

面接練習をしてくださって、細かいアドバイスをしていただき、自信がつきました。模試ごとの面談で、今後の課題を教えていただき、学習の方針を立てることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター試験の形式に慣れることができ、苦手教科・単元を見つけることに役立ちました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

中学生の時に通っていた塾の先生に勧められたから。自分で授業を受ける時間を選べるから。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

センター試験同日体験受験で、実際のセンター試験の難易度がわかりました。入試直前期の正月特訓で、過去問や千題テストなど様々な学習に取り組むことでやる気と学習習慣をキープできました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

時間を計って過去問、プレテストに何度も取り組みました。他のことに逃げずに、勉強の不安は勉強で解消するようにしました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

親から「結果よりも努力が大事」と言われたことで、プレッシャーを感じることなく、伸び伸びと取り組めたように思います。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

親の応援もあり、医者を目指そうと思ったことがきっかけです。また、医者になることを目的にするのではなく、大学を出て、医者になった後に何をするかまで考えることで、「なぜその志望校なのか」ということも考えるようになりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大変なものでした。今までで一番勉強した時間でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

医師として、少しでも多くの人の幸せを生み出せるよう、謙虚に学び、使命を果たしていきます。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
演習メインなところが良かったです。解説もわかりやすかったです。

【 高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準- 】
数学ⅡBも、数学Ⅲにも共通することですが、学校の授業の予習に効果的でした。

【 ハイレベル化学 理論化学 】
まとまっていて、わかりやすかったです。

 金沢大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

高等学校対応 数学Ⅰ・A-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

"学校の数学Ⅰ・Aの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。
以下の単元は講習講座のみの設置です。数学Ⅰ・Aをマスターするための必須講座です。
データの分析(90分+演習)×3回+講座修了判定テスト1回 担当講師:志田 晶先生
整数の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生
図形の性質(90分+演習)×4回+講座修了判定テスト1回 担当講師:大吉巧馬先生"

90分×25回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅰ・Aの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒