2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本大学
医学部/第一部(昼間部)学部

no image

写真

藤倉愛深さん

東進ハイスクール成城学園前駅北口校

出身校: 立教女学院高等学校

東進入学時期: 高2・6月

この体験記の関連キーワード

常に自分の学力に向き合って、やるべきことを確実にこなしていく

 私は高2の6月に東進に入学しました。その時まで他の予備校には通っておらず、医学科を目指すには遅いスタートとなりました。さらにバレエに週6で通っていたことや当時の学力から医学科を志すことを迷っていましたが、東進の担任助手の先生方に相談をし、後押しをしてもらったことで医学部への進学を決意することが出来ました。

東進の担任の先生の指導で、高3の4月までに数学と英語をセンターレベルまで固めることを意識し、模試の結果などを踏まえながら勉強の計画を立てました。数学については受講の前に授業で扱う範囲を青チャートで予習をし、基本的な問題が解けるようになってから授業に臨むことで理解を深めることが出来ました。英語はスタートが遅く、文法をやる時間が十分に取れなかったので、長文を沢山読むことで、長文読解に慣れるだけではなくその中に出てきた文法や単語も一緒に覚えるように心がけました。毎週の面談では常にやるべきことを確認し、それを1週間かけてこなすことでモチベーションの維持に繋がりました。

高3になってからは、理科の勉強に時間を回す一方で、英数の学力を落とさないように心がけました。学力が思ったように伸びず勉強に行き詰まった時は、無理に勉強しようとせず友達とご飯を食べるなど高校生らしいこともしました。直前期には、全教科の演習を終え過去問を解くことに専念しました。大学毎の傾向や教科ごとの配点を知っておくことで、自信を持って本番に臨むことが出来ました。

受験を終えた今、医学科の合格した要因を考えると、周囲の学力を気にせず常に自分の学力に向き合っていたことだと思います。東進や学校には、自分よりも学力が高い人が大勢いて焦る時期もありましたが、自分がやるべきことを確実にこなしていたことが合格に繋がったと思います。最後に、この受験生活を支えて下さった東進のスタッフの人や家族への感謝を忘れずに、これからも勉学に励みたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

医学部進学の後押しをしてくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

悩みを沢山聞いてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースに合わせて勉強を進めることが出来るから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

バレエとの両立上手くバレエを勉強の息抜きにできたこと

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

高2冬合宿勉強の習慣がついた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達と遊んだり程よい休憩を入れる

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望している大学について在校生の評判を調べる

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

校風が自分に合っていると思ったことと、国家試験の合格率がとても良かったこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

興味のある分野を学ぶための準備期間

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分が今までやっていたスポーツの分野で頑張っている人の怪我を直し、また、精神面でのサポートも出来ればと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
大吉先生の数学

担任指導


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル生物 Part1 】


【 ハイレベル生物 Part2 】


【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
大吉先生の考え方が自分と合う。

 日本大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0