2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

吉田大輝くん

東進ハイスクールつくば校

出身校: 並木中等教育学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 卓球

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

採点のしづらい国語、英語を採点してもらえた

 受験期1年間を通して、僕が感じたことは、合格に必要なのは「努力」と「運」だ、という事です。当たり前のことのように思えるでしょうし、多くの人から似たようなことを聞くでしょうが結局のところ、この2つにつきます。ゲーム風に言うのなら「努力」によって合格率をあげて、最終的に合格できるかは「運」によるという感じでしょうか。

僕が東進に入学したのは、高2の12月でした。入ろうと思った理由としては受験に対する漠然とした不安を持っていたからです。ちょうど本格的に受験体制に入ろうとしたときに、何をすればいいのか、一人でやって大丈夫なのかといった不安があり、東進を利用すれば指針が建てられるのではないかと思って、東進に入ることを決めました。

受講、東進模試、過去問演習対策など東進のコンテンツをいろいろ利用して、一番良かったと思うのは採点してもらえることです。自分では採点のしづらい国語、英語を採点してもらえたことが役に立ちました。しかし、東進に入ったからといってすべてを任せるのはお勧めしません。今自分に何が必要なのかを考えて、いざとなったら東進の考えに逆らってでもやるべきことをやるという事が必要だと思います。勉強を肯定するのではなく利用してください。

最後に言いたいことを言わせてください。僕は学校の先生から、「受験は自分との戦いだ」という言葉を聞きましたが、僕はこの言葉が嫌いでした。受験は他の受験生との戦いです。レベル的に近い人たちをどれだけ出し抜けるかという事が重要で、そのためには自分の目指す大学の傾向を調べあげ、対策を練るという「努力」が必要になってきます。自分を敵としている人は愚直に努力をするだけで、そこを疎かにする人が多いので、自分を味方、武器だと思って受験にあたってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座のアドバイスをもらった

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校への行きたいという思いを強く持つというアドバイスをもらった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

これで点数を取れたらセンター試験本番も安心できる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業に惹かれたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の愚痴を言い合った

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築関係の仕事につく

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
採点、判定が出る

志望校対策特別講座
解説がしっかりしている採点してもらえる

過去問演習講座
本番よりもレベルが高く安心材料になる

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
微分での物理の解き方を知れる

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
国語の点数の取り方がわかる

【 過去問演習講座 京都大学(全学部) 】
採点基準を知れる

 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒