2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

神戸大学
海事科学部

no image

写真

名部井愛里菜さん

東進ハイスクール下北沢校

出身校: 駒場高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 硬式テニス

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

第一志望の問題に必要な解き方を身につけることができた

 私は東進にたくさん友達がいたことが本当に良い影響があったと思います。友達のほうが朝先に東進に来ていると悔しい気持ちになり、その日一日勉強を頑張れたり、昼ごはんの時間に悩みを聞きあい、励まし合うことで、午後の勉強に力を入れられたりしました。帰りの電車で冗談を言い合うことで、直前期の心のケアもできました。友達と励まし合い、競い合うことで最後まで受験勉強を頑張れたと思います。

友達がいなければ、毎日閉館間際の9時30分まで頑張ることもできなかったと思うので、友達の存在は本当にありがたかったです。受験期に貴重な友達に出会わせてくれた東進にも感謝しています。

東進では担任の先生と担任助手の方にお世話になりました。担任の先生によりおすすめされた講座は私の第一志望に適したレベルになっており、自分のことを考えて選んでくださっているのだと受講した時に実感しました。

また、担任助手の方にはたくさん勉強についてアドバイスをいただきました。何度も反復することの大切さを教えてもらい、実際に本当に効果が出ました。担任助手の方は東進のシステムもしっかりと知っているので、いつも的確なアドバイスをくださり、信頼できました。

授業では、やまぐち健一先生の「スタンダード物理」を受講し、物理の解き方を根本から教えてもらいました。とても分かりやすく、物理ではイメージを持つことがいかに大事かがわかりました。

また、過去問演習講座(二次対策)では数学の河合先生の解説授業がとても分かりやすかったです。実際に大学入試の過去問を使って授業をすることで入試問題の解き方の感覚が掴めました。

私の第一志望であった神戸大学は、英語は時間配分、物理では記述問題が特徴的な大学だったので、その解き方を身につけることができたのがよかったです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

過去問の特徴を教えて下さった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

何度も反復することの大切さを教わり、実践したら身に付いた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿。隣の子が東大志望で刺激になった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

エネルギー革命を起こす。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
先生が良い。神戸大学独特の問題形式に慣れることができる。

東進模試
他の受験生とのレベル差が明確にわかる。帳票がとても良い。

高速学習
早い時期にひととおりの基礎学習ができる。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
物理の解き方のイメージがついた。好きになった。点数が上がった。

【 過去問演習講座 センター対策 】
10年分の過去問ができる。

【 過去問演習講座 神戸大学(全学部) 】
先生がとても良い。先輩の得点と比べられる。

 神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1