2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

埼玉県立大学
保健医療福祉学部

no image

写真

西林伶華さん

東進ハイスクール草加校

出身校: 東京大学教育学部附属中等教育学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: 生物部 副部長

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

いつでも受講を受けられる、一気に学習を進められる

 私は高校1年生の時に東進ハイスクールに入りました。東進は映像による授業なので、自分の生活スタイルに合わせて勉強を進められる点に魅力を感じたからです。また、優秀な講師陣だったので、とても分かりやすい授業を受けることができました。更に、東進が自宅から近かったということもあり、自習目的で気軽に登校することができました。このことは、高校1・2年次の受験勉強に意欲的でない時期に集中して定期テスト対策をすることに役立ちました。

東進の担任助手の方々は親切な方が多く、分からない問題を質問すると分かるまで丁寧に教えてくれます。この繰り返しによって壊滅的だった学校の成績も上がり、AO・推薦入試などの特別入試を受けられるという選択肢の拡大にも繋がりました。目的が何であれ、毎日東進に登校することや勉強に慣れておくことは受験生になって毎日長時間の勉強が必要になったとき、抵抗無くスタートできるのでおすすめです。

私は中学生のときから研究活動をしており、学会や全国大会で年に何度も研究発表をし、受賞するほど研究にのめりこんでいました。そのため、受験勉強のために時間を割くのが難しく、受験勉強をするよりも自分の興味分野を学ぶほうがよっぽど楽しかったので特別入試メインで進路を決めようとしました。しかし、これらの入試は試験管との相性など、運に左右される部分が多く、特別入試だけに特化することは現役合格を実現するにはリスクが高すぎます。

しかし、東進のいつでも受講を受けられる、一気に学習を進められるといった利点を活かせば、もしものための一般入試対策と心行くまで特別入試対策ができるので後悔のない受験生活を送ることも可能になるのではないでしょうか。

東進の担任の先生や担任助手の方はこういった方針にも柔軟に対応してくださるので安心です。私が所属していた校舎の校舎長は面接練習も行ってくださいましたし、担任助手の方もたくさん相談にのってくださり、自信に繋がりました。特別入試を受けるなら専門の塾に通ったほうがいいと感じる方もいると思います。しかし、東進という受験に対するモチベーションが高い環境に身をおくことで、億劫だった一般入試対策をする気持ちにもなります。

最近では、一般入試のほかにも特別入試による募集人数が増えています。これらの入試では自分のこれまでの頑張りやこれからのモチベーションを評価してくれるので、自分に合った入試方法を見つけてみてください。特別入試対策をすることは自分の将来について真剣に考え直す機会にもなりますし、自分次第では今しかできない経験もできます。

これからの時代、学歴が全てではないと私は考えます。確かに、社会の構造上、学歴があるに越したことはありませんが、自分で考えて行動できる人間こそが必要とされると考えます。まだ時間がある方々は、大人に言われるがまま「受験勉強」をするのではなく、自分の人生と向き合い、本当に必要なことは何なのか、若くて時間がある今のうちに多くの方々とふれあい、多様な価値観や考え方を知り、考えてみるのはいかがでしょうか。決して「受験勉強」を悪く言っているわけではなく、受験勉強だけの高校生活にして欲しくないのです。

本当にやりたいことを見つけ、全力で取り組んでいれば必ず誰かが評価してくれます。そして、その中で学んだことは一生役に立ち、アドバンテージにもなると思います。今を充実させ、後悔の無い受験生活になることを祈っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受講計画を親身になって立ててくださった

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の受験計画に加え、様々なリスクも平行して考えてくださった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

きちんと復習をし、次への目標を立てると効果的だと考える

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族

Q
東進を選んだ理由
A.

・家が近く、自分の生活スタイルに合わせて学習を進められるから・姉が通っており、親近感があったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

身近な受験生の頑張りを感じることができ、モチベーションの維持に役立った

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活の時間と勉強の時間では切り替えて取り組むこと寝るときは時間を決めて寝る

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業画面の中の人が目の前にいてやる気が出た

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

将来について考えていた受験が終わったらやりたいことをリストアップした

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友人が頑張っているのを知る自分よりできる人と関わる

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

将来やりたいことに適した学校かどうか、教授陣かどうか通いやすさ

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分の軸を持った人間になりたい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
隙間時間を活用できるから

担任指導
自分の進路や考えにあわせて柔軟に対応してくれるから

学力POS
自分の学習状況を自由に確認することができるからまた、著名人の講演ビデオを閲覧することもでき、自分の人生について考える材料にもなるから

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
英語学習の方法が良く分かり、効率の良い学習方法が身につくから

【 スタンダード生物 Part1 】
解説がとても分かりやすかったから

【 ベースチャレンジ現代文 】
現代文の読み方・解き方が良く分かるから

 埼玉県立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

板野博行先生

ベースチャレンジ現代文

「読む力」と「解く力」の集中トレーニングで、入試現代文に必要な基礎を確実にマスターします

学校教科書の現代文を読む感覚で入試レベルの現代文に挑戦しても、解けないのは当たり前。入試現代文には入試現代文に必要な力というものがあるのです。本講座では、入試現代文の読解に必要な学力を体系的に「読む力」と「解く力」に分類し、それぞれの項目を集中的にトレーニングすることによって、自分の現代文の弱点を克服し、入試レベルの現代文読解に必要な基礎学力を無理なく身につけます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:現代文の読み方・解き方がよくわからない生徒