2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

岡山大学
グローバル・ディスカバリー・プログラム学部

no image

写真

大原綾華さん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 金光学園高等学校

東進入学時期: 中3・12月

所属クラブ: バスケットボール

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

毎日登校して高速マスター基礎力養成講座をする

 大学受験では周りが高校受験をしている間に、少しでもリードを取りたいと思ったので中学3年の12月から入学しました。東進入学後、当時の受験生の緊張感を感じることができたことはとてもいい経験でした。高校に入学してから、勉強と部活を両立するのはとても大変でしたが、東進は自分でスケジュールをたてて、いつ登校しても良かったので、そのおかげで両立できました。

特に私は、海外研修に行く機会が多かったのですが、その日程が分かった日から、海外研修の時の勉強量をどう取り戻すか、先に何コマ受講を終わらせようと自分なりに考えたので、日程管理の力も付いたと思います。グループ・ミーティングではレベルの高い同い年の高校生と一緒になることがあり、勉強量に大きな差を感じました。ライバルでもありながら、おすすめの勉強法、受験情報などを共有する友人を持てました。受験前は緊張していましたが、東進で勉強してきた教材と高速マスター基礎力養成講座で自分が習得してきた単語の数を見て、自分はこれだけ頑張ってきたといいきかせて、自信を持って臨むことができました。

後輩へのメッセージ。私が大学受験を終えて学んだことは、自分に合った受験方法があるということです。私は自己アピールが得意で、高校時代に色々な経験をさせてもらえたので、AO入試には向いていたと自負しています。今は入試方法も多様なので、自分にあった入試方法を挑戦したほうがいいと思います。しかし、推薦入試は運などもあり、何があるかわからないので、一般入試の勉強をしつつ、対策をするのがベストだと思います。東進ならどちらも可能です。小論文の添削指導などで、たくさん練習をしたので、AO試験にも自信を持って臨むことができました。

おすすめとしては、毎日登校して高速マスター基礎力養成講座をすると自分の中でルーティーンができて、スムーズに勉強の習慣がつきます。やる気が出ない時は今日のコラムをするだけでもプラスになります。東進という素晴らしい環境の中で受験勉強をやりきったことを自信にして、諦めず目標を高く掲げ続けてください。

私の夢はUNICEFに入って、教育を受けられていない子供たちに可能性を広げることができる教育を提供することです。自分の進学先がこの大学で良かったといえるように今後努力します。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験の戦略をたてるときに、なるべく高い目標を持つように言われ、具体的な勉強法などを教えてもらえました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

一週間ごとに自分のした勉強を見てもらったので、さぼらないように気を付けられました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎日高速マスター基礎力養成講座を行い、基礎力を上げることができたら受験を有利に進められると思うので、お勧めです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄が通っていたこと

Q
東進を選んだ理由
A.

二つあります。一つ目は高速マスター基礎力養成講座で自分の弱いところを反復練習出来るからです。毎回問題の順番も中身も違うので、自分の苦手分野の反復練習で活用できました。コンピューターで採点されるので、答えを知るのも早く、解説もすぐに出てきて、採点の手間が省けてスムーズに勉強できました。特に英単語は単語帳でインプットばかりすると覚えられているかわからないので、高速マスター基礎力養成講座でアウトプットして本当に覚えているのか確認できました。二つ目は自分でスケジュールを決めて勉強できるところに魅力を感じたからです。中学三年生から高校の授業の先取り授業をしたり、海外研修に行く時には自分で日程をずらせたりフレキシブルに勉強できることができるのは東進だからだと思います。他の塾は週に何回とありましたが、東進では毎日来てもいいので、勉強する習慣がつきました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他校の友達がレベルも意識も高かったので、それに負けないように頑張ろうと刺激を受けました。部活をしていない友達もいましたが、受験という場では関係ないということをグループ・ミーティングで知りました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

タイムマネジメント能力です。勉強をする時間が部活をしていない人よりも少ない分、計画をたてて、必死に勉強することができました。特に、部活の練習がきつく、勉強を夜遅くまでして、さらに朝練があったときはしんどかったです。しかし、自分の限界を知って、無理に閉校時間まで残らなくても、自分に合ったスケジュールを組み、その分より、集中するようにしました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

慎先生の公開授業は明るくて楽しかったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

東進の講座や高速マスター基礎力養成講座をしていて、向上得点も上がっているのに、学校の成績や、模試の結果が上がらないときに、スランプを感じましたが、それでも耐えていたり、一旦好きな科目に逃げると、少しずつ成績が伸びました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

向上得点をグループ・ミーティングで発表することと、自分の興味ある分野の後援会やボランティア活動に積極的に参加して、何のために勉強しているのか忘れないようにすることです、

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

インターンシップを単位に交換してくれるかどうか、言語力は身につくか、授業や先生は面白いかなどです。AO入試を受けたかったので、その中から選びました。一般の志望校は別で考えていました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

将来に向かって、様々な観点から物事を見ることを鍛えるようなものでした。つらい時もありましたが、何事も基礎が重要と気づきました。役に立たないと思う教科もありましたが、社会に出るとそういうこともあるので、これも社会勉強なのかなと思う時が多々ありました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来UNICEF職員として、教育を受けられていない子供に教育をすることでその子たちの未来の選択肢を増やしたいです。人材育成をして社会に貢献します。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
自分の弱いところを集中してランダムに出題してくれるのでとても役にたちました。

過去問演習講座
過去問を解くほど自信になりました。また、志望大学だけでなく志望大学に似た大学の過去問も解くことができ、助かりました。

担任指導
学校の先生よりも受験生を見ている経験が多いので、多彩なアドバイスがもらえました。

Q
おすすめ講座
A.

【 小論文の基礎 】
答案練習講座で、講座を受けた後に添削をしていただいたので、インプットもアウトプットもできて、本番でどんな小論文をかけても大丈夫なように対策ができました。

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
教え方が本当に面白くて心から世界史を好きになれました。

【 難関大対策 自由英作文 】
再添削があるため、添削してもらったあと、何回か再添削してもらい、完璧な解答に仕上げることができました。

 岡山大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2