2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
医学部

no image

写真

伊藤杏奈さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 聖心女子学院高等科

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

仲間とモチベーションを高め合い合格

 東進には、高校3年間、第二の高校のように、毎日登校して、学習を積み重ねました。

東進の良さは、映像による授業で、自分の好きなペースで勉強できるところが非常に大きいと思います。しかし、ただ自分のペースで進めるだけでは、他の受験生に遅れを取ってしまいます。そのために、ぜひグループ・ミーティングを活用してほしいです。私自身、高3の冬には、同じグループ・ミーティングの友達と一緒に、8:00の開館時間前に、朝6時代から朝勉をして、センター試験に向けたラストスパートを有意義に過ごしました。学校の友達と違い、塾の仲間は、志望校の話をしやすかったり、一緒に受験を頑張るよきライバルとして、モチベーションを上げてくれたりするので、受験期の大きな心の支えになりました。

また、高1・2年の皆さんは、「清華大学短期留学」にぜひチャレンジして下さい。私も、高2の時に応募のための志作文を書いたときは、面倒くさいなと思っていましたが、審査に通って、短期留学に参加することが出来た後には、あの時チャレンジして本当に良かったと感じました。清華大学での学びや企業見学はもちろん、毎晩、志の高い仲間とディスカッションを繰り返したことが、非常に大きな刺激となり、自分の将来像も明確になりました。志作文を書き、自分の興味や特性にじっくり向き合うことで、将来自分がどうなりたいかを考えるきっかけができ、自然と志望校に対する士気も高まります。私も、この応募と短期留学をきっかけに、京都大学の志望が固まり、早期に志望校対策を始めることが出来ました。

高3の時期は、自分の夢に成績が追いつかず、何度も何度も不安になり、志望校のレベルを落とそうと考えたこともありました。しかし、社員や担任助手の皆さんに、「諦めるのはまだ早い」と励ましてもらったことも大きく影響し、最後まで第一志望を貫いて、合格を勝ち取ることが出来ました。合格を頂けた今となっては、最後までトップを目指して対策を続けて本当に良かったと思っています。

大学では、京都大学で学べることに誇りと責任を感じながら、社会のために自分を使えるように、学習と研究に励みたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

夏休みの勉強の成果が直近の模試の成績に反映されず、志望校に受かる自信がなくなり、志望校を下げようと気持ちが揺らいでいたときに、自分の今までの過去問の点数分析を一緒にして、合格するための明確な目標を立ててくださったこと。その時に「大丈夫、合格できる実力はついている」と言ってもらっていなかったら、今の私の第一志望合格はなかったと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

特に受験期の冬には、会うたびに学習の進捗状況を確認して下さり、近づく試験に対する不安や、自分の苦手科目をどうやって勉強していたのかなど、最近まで受験生だった立場だからこそ相談できる人がいたことが、大きな精神的な支えでした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的に、大規模に開催される模試なので、自分の武器になる科目や、弱点を細かく知り、定点観測することが出来るから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業を受けられるため、学校の予定や試験期間に合わせて塾での学習を進めることが出来ると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じグループ・ミーティングの友達と、次回のグループ・ミーティングまでに進める問題集の量を決めたり、冬休みの開館時間まで早朝から毎日一緒に勉強したりと、身近な一緒に頑張れる友達に恵まれたことで、学校が無い時期にも集中力とモチベーションを保つことが出来ました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は将来、人工知能やビッグデータを医療に応用することで、患者と医療従事者の双方にとってより良い医療現場を作り上げることに、看護の立場から関わりたいと考えています。その為に大学も、日本で唯一高度なビッグデータ医療を学ぶことが出来る京都大学に進むことに決めました。大学で看護学を学び、ビッグデータ医療についての研究を重ねた後は、厚生労働省やWHOの一員として、日本や世界の保健医療を支えることに貢献したいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英単語や古文単語、理科の基礎暗記事項を、毎日コツコツと反復演習で身に付けることができるから。

担任指導
いつも自分の学習状況を近くで見てくれている担任の先生や担任助手の方がいることで、志望校決定の相談や、学習における不安を相談しやすい環境ができるから。

過去問演習講座
10年分の過去問を計画的に解き、丁寧な添削が返ってくることで、効率よく志望校の傾向を掴むことが出来るから。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル生物 Part1 】
暗記事項ばかりと思われがちな生物の科目を、仕組みから丁寧に解説してくれるため、暗記ばかりに頼らない生物の力を身に付けることが出来るから。

【 京大対策英語 】
問題文も短く、学術的な長文の和訳や、こなれた日本語の英訳問題も多く出題される京大の英語の取り組み方から、丁寧に指導してくれるから。

【 ハイレベル化学 有機化学 】
複雑な構造決定の解き方から、化合物のでき方の詳しい過程まで、一人で参考書と向き合っているだけでは気づけない、有機化学の効率の良い学習をサポートしてくれる講座だから。

 京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 122