2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立命館大学
経済学部

no image

写真

髙橋良輔くん

東進衛星予備校豊中岡町校

出身校: 箕面高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 水泳部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

毎日自分で決めたことをコツコツと取り組む

 僕が合格して第一に思ったことは、自分の苦手科目を必死に伸ばすということより、自分の得意科目を伸ばすということです。日本史が得意な場合は、日本史の配点が高い大学を探すというのも一つの作戦です。僕は英語が苦手だったので受験校を英語の配点が高い所ではなく、全ての科目の配点が同じ大学にしました。そうすることで苦手な科目への負担を減らし、しっかりとカバーできました。

合格して思うことは、毎日自分で決めたことをコツコツと取り組むと自然と結果はついてくるということです。初めて東進模試を受けたときに英語の成績が30点で偏差値が25しかありませんでした。そこから模試を重ねていくたびに、徐々に成績があがっていくのがしっかりと目で見て確認できるのはとてもいいシステムだなと思いました。そして自分の行きたい大学に対して今自分がどれほどのレベルの場所にいるのかということも分かったので勉強へのモチベーションアップにもつながりました。

そして東進は僕にとって勉強面以外でも精神的に支えてくれる場所でもありました。担任の先生や担任助手の方たちのアドバイスは受験期に成績などで悩んでいるときに本当に心の支えになりました。たくさんの担任助手の方たちが悩んでいる自分に対して、とても親身になって寄り添ってくれたということも合格できた一つのカギです。この受験で僕は人のぬくもりというものを感じました。今度は自分がぬくもりを与えることのできるような人間になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強の成績で伸び悩んでいるときに親身になって相談に乗ってくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強面以外にもたくさん話しかけてくれて勉強の息抜きになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

ちょうど一年後に受けるセンター試験の模試で、現実を思い知らされたのでこの模試のおかげでとてもやる気が出ました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄弟が行っていたから。

Q
東進を選んだ理由
A.

兄弟が行っていたから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

今までは家族や東進の担任の先生、担任助手の方たちに支えられてここまで大きく成長できましたが、これからは自分が今まで家族や東進の方たちに教えてもらったこと、学んだことを生かしてこれからの大学生活を送りたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の行きたい大学に対して今自分がどれほどのレベルの場所にいるのか目で見てわかるから。

担任指導
勉強面以外にも、自分の悩みに対して親身になって相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりなど、心の支えになったから。

実力講師陣
特に今井先生と金谷先生の授業はわかりやすく、面白かったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
今井先生の授業は文法メインで、英語が苦手な僕にとってはとても分かりやすい説明でした。授業途中にある雑談も面白くて勉強の息抜きになったのでとてもよかったと思います。

【 スタンダード日本史B PART1 】
わかりやすく、表形式でノートを見ただけでその時代の出来事がわかるので効率よく覚えることができました。

【 スタンダード日本史B PART2 】
パート1同様の授業形式で、パート2のほうが時代の出来事も増え、覚えることも多くなりますが、それでも丁寧にわかりやすく教えてくれるのでとてもよかったです。

 立命館大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 24

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒