2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
総合人間科学部

no image

写真

谷口和香さん

東進ハイスクール南柏校

出身校: 星美学園高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

教育を受けられていない子供たちの教育支援をしたい

 東進入学は高校1年の春でした。東進のおすすめは、高速マスター基礎力養成講座です。英単語がどこでも学べて、これをやったことで学校のテストも高得点が取れました。おすすめ講座は、英検対策の4技能の授業です。英検対策にとても便利で、推薦入試の人で英検が必要な人はとるべきです。

担任助手の方には、私が東進に入ってから3年間、勉強のアドバイスや計画の立て方、いろいろなことを教えていただきました。僕ははじめから推薦で入試をすると決めていたので、他の生徒たちが模試や一般受験に向けて勉強している中、テスト勉強や小論文の対策をしている自分が東進に行っているのが気まずかったり、学校の生徒会で時間が取られたりで、なかなか東進にいけなかったときがありました。しかし、担任助手の方はそんな僕を心配して電話してくれたり、小論文や志望理由書を見てくださったりとても感謝しています。

また、3年生の夏ごろから面倒を見てくれてた担任助手の方は、親身になって進路の話や入試の話を聞いてくださいました。推薦で受かった後の勉強の仕方など、色々アドバイスしてくださったのでためになり、最後の担任助手でよかったです。

部活動はバスケ部に所属し、ほぼ毎日活動していました。私は、入試が9月にあったので、高校3年の6月に引退をしました。学校では、部活動のほかにも生徒会や行事の実行委員などさまざまなことにチャレンジしました。学校内の指定校推薦を取りたい人はこのような勉強以外のことにも挑戦すると評価されるのでしたほうがいいと思います。また、このような経験が面接にとても役立ちました。

推薦入試での、やる気・モチベーションを高める方法は、その大学に受かった後の楽しいことを想像する。小論文は、最終的に40題ぐらいの教育に関する問題で書いて学校の先生に見てもらっていました。面接は、毎日三人の学校の先生に練習してもらいました。

私の将来の夢は、発展途上国に住む質のいい教育を受けられていない子供たちの教育支援をすることです。そのためにもまず、教育の基本的な知識から日本の教育の在り方、世界での教育の現状を詳しく研究しそこから自分でどんな支援が出来るのかを多角的な視点から物事を見ながら考えていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友達も通うと言っていたことと、高速マスター基礎力養成講座というコンテンツやプロの先生の映像による授業が受けられるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 英語4技能養成講座 Reading&Listening Ⅲ (Level B1) 】


【 英作文Ⅱ 】


【 英語4技能講座 SpeakingⅢ (Level B1) 】


 上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

宮崎尊先生

英作文Ⅱ

英作文の入門「基本語で何でも言えちゃう」編

英語を喋り・書くための発信コミュニケーション講座です。使う単語はほとんどが中学生でも知っているget,have,put,take,on,up,for,happy,really,line,picture,paperなどです。日常的なことからある程度抽象的なことまで、日本語で考えたことを変な英語に訳すのではなくて、通じる英語でそのまま言える/書けるようになるための訓練をします。入試では英作文問題ばかりでなく、会話文・リスニング・イディオム問題に役立ちます。高度な語彙力は求めませんが、発想の転換が必要になります。ですから学年や志望校は問いません。頭を柔らかくして臨んでください。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:英語の得意・不得意に関わらず、発信型の英語を身につけたい生徒