2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
教育学部

no image

写真

麻生夏代さん

東進ハイスクール成田駅前校

出身校: 佐倉高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 吹奏楽部 副部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

お勧めされたものを素直に取り組む

 私が受験生活で一番大変だと思ったことは部活との両立でした。休みは月に一度でほとんど1日練習で、毎日部活の後に東進に通うことは体力的にとても大変でした。

最初のうちはどうしても気持ちが乗らなくて高速マスター基礎力養成講座をサボってしまったり、東進を休んでしまうこともありました。そんな中で担任助手の方が何度も声を掛けてくださったおかげでだんだんと毎日高速マスター基礎力養成講座、毎日受講の習慣が出来ていきました。

次第にはどんなすき間時間も無駄にしたくないという気持ちが出てきて、学校の休み時間や昼休みもずっと高速マスター基礎力養成講座をやっていました。こうした低学年の地道な努力があったおかげで、受験学年となった時、開館から閉館まで毎日勉強することも苦痛だと思うことは一切なかったですし、努力しているという感覚が、一番のモチベーションになり、頑張り続けることができたと思います。

私が東進で一番意識していたのは高速マスター基礎力養成講座ランキングです。ただやればいいというものではないのですが、量をひたすらこなしていかなければ質を極めることはできないので、毎週1位になることを目標に高速マスター基礎力養成講座を取り組んでいました。また、夏に取り組む過去問演習では必ず校舎で決められた期限内に終わらせるようにしていました。

決められたことを一つ一つこなしていくということが、自分の実力となる以上に自分はちゃんとやっているという自信につながりました。自分のやり方にこだわりたくなる時もあるかと思いますが、校舎にいる校舎長や担任助手の方々はみなさん受験の先輩でもあるので、これをやったほうがいいよとお勧めされたものを素直に取り組むことが時には大切だと思いました。

今後は中学の国語科の教師になるという夢に向かって専門的に学ぶことが出来るので、大学での授業や実習を真剣に取り組んで自分の思い描く、なりたい教師像に向かって頑張っていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私が入ったばかりのころからずっとお世話になっていて、どんな時も優しく励ましてくださって沢山アドバイスもいただきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担当の担任助手の方が1個上で佐倉出身だったので存在が一番近く、いろんなことを相談させていただきました。どんなに小さな悩みでも真剣に聞いてくださって丁寧に答えて頂きました

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進に入学した時に受けた模試は訳も分からずほぼ勘で解いてひどい点数を取っていましたが、勉強していくうちに点数が上がっていったし、一番の努力の指標となっていました。あんまり点数が伸びないなと感じていた時も、POSから見れる模試の成績推移を見て自分最初より点数倍に増えてる!とか自信にもつなげていました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

とても知名度があって合格実績もあったので東進に通いたいと思いました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

どのように勉強しているか情報を共有させたり、ランキング1位を目指して切磋琢磨しました。1度全てのランキングで1位になった時の喜びは今でもずっと覚えています。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

計画を立てたり運営したりする力は身に付いたと思いました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

夏合宿に参加したことはとても大きかったと思います。とてもハードでしたが、あれを乗り越えたということが自分の中でかなり自信につながっていました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

千題テスト。直前期に総復習出来て、自分の穴を埋めることが出来ました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

一番のスランプは部活の引退直前期で、校舎で泣き出してしまったときです。(笑)担任助手の方にたくさん話を聴いてもらって励ましてもらって前を向くことが出来ました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

ひとつひとつをこなしていったことが一番のモチベーションでした。結局は自分の努力が1番の自信につながります!

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

教育学を学びたかったので、色々な大学の教育学部を比較して、千葉大は二科目の教員免許を取得出来たり、各学年ごとに教育実習が行われていたりと力を入れていたので千葉大学に決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

コツコツ努力していくことの大切さを身に染みて感じた大事なものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

国語という教科は、中には勉強を後回しにしてしまったりどうして勉強するのかわからないという人もいます。しかし、国語は自分の将来には必要ないと考えている人にとっても、社会に出て情報を正しく読み取り発信していくために、読解力や表現力はとても大切なものとなっていきます。なので、義務教育という時期に国語の教員として国語を学ぶことの大切さや国語の力を生徒にしっかり教えていきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
どんなすき間時間にもできるし、ランキングとなっているので闘争心が湧いてくるから。一通り終えるとセンター英語で出てくる英単語や熟語、文法は網羅することができるから。

講座修了判定テスト
なんとなく受講を受けていたり寝ていたりすると内容が全然入ってこないけど、修了判定テストがきちんと受講を受けていないと解けない問題ばかりなので、一つ一つの受講を集中して受けることが出来るから。

過去問演習講座
受けたテストで自分がどのくらいの点数を取ることが出来ているのか一目で確認することができるし、センターも2次試験も解説が細かく載っているので、しっかりと復習して力をつけていくことが出来るから。2次試験の方では記述も細かく採点してくれて4日ほどで返ってくるのですごく力をつけることが出来たと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 センター試験対策地理B 】
とても分かりやすくて、要点がしっかり押さえられてるので、この講座を一通り終えた時センター地理の解きやすさがかなり上がりました。

【 入試対策:センター試験対策英語(70%突破) 】
他の英語の先生とは違ってテンションが高くなく落ち着いて授業しているのが自分にとてもあっていたと思いました。説明も詳しくわかりやすかったのでこの講座をとって良かったと思いました。

 千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

大岩秀樹先生

入試対策:センター試験対策英語(70%突破)

センター試験対策で本物の英語力を養成しよう!

Part1前半では、センター試験に必要な文法・構文力の蓄積を目的とした重要ポイントの学習と整理を行い、センター形式の出題に対応できる基礎学力を養成します。Part1後半以降は、実践的な出題形式別対策を行います。毎回の講義は「発音・アクセント」「リスニング」特訓を含み,確実に得点する力を養成します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験、センター試験本番レベル模試での得点が50%(100点)未満の生徒