2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1497人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
経済学部

no image

写真

鈴木翔くん

東進ハイスクール調布校

出身校: 桜美林高等学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

メンタル面で勝負となる時期は毎日登校を心掛けやる気を奮い立たせた

 自分にとってこの受験期間は困難の連続でしたが東進であったからこそそれらを乗り越えられたと思います。僕は、野球部に所属していた為受験勉強の開始がほかの受験生に比べて大幅に遅れ東進に入ったのが7月下旬頃でした。

入学時に受けた模試では英語200点中100点でした。そこから、夏休みは1日の勉強時間12時間の大半を英語の渡辺先生の長文の授業だけに捧げ、なんとか夏休み明けの模試で164点まで伸ばしました。

夏休みで講座を一通り終わらせて、9月からは過去問演習講座に取り組みました。自分としては、早いうちに過去問に触れられたのが合格に繋がったと実感しました。

これと同時並行で取り組んだのが、志望校別単元ジャンル演習講座です。これを用いて同じレベルの大学の問題ができたので自分の志望校やそれに準ずる大学の問題が、楽に解けるようになりました。いよいよ本番が迫ってきた12月頃からは、苦手としていた国語の対策に移りました。担任助手の方に勧めてもらった林先生の現代文講座と、古文講座で苦手を潰しました。この時期は、特にメンタル面でも勝負となる時期であったので毎日登校を心掛けて、やる気を奮い立たせていました。私立文系志望ということもあり、センター試験も終わった1月下旬は人生1の勉強量で過ごしました。

過去問は第一志望校は20年分を3周もやっていたので本番も最小限の不安で臨めました。そして、志望校に合格をし今振り返ると受験という経験から、辛くても逃げない大切さを学んだ気がします。大事なのは、そこまでのプロセスだと思います。この一年がんばってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

最後に国語の成績について相談したときに自分にぴったりの国語の講座を薦めてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の弱点がよく分かる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

野球部の先輩が通っていた為。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループのライバルががんばっているのをみて自分もがんばることができたこと。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 センター試験現代文完成(90%突破) 】


【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】


【 過去問演習講座 慶應義塾大学商学部 】


 青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17