2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1332人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

駒澤大学
グローバル・メディア・スタディーズ学部

no image

写真

中川翔くん

東進ハイスクール大宮校

出身校: 与野高等学校

東進入学時期: 高3・5月

所属クラブ: ソフトテニス

引退時期: 高1・5月

この体験記の関連キーワード

周りの人に支えられた受験生活

 まず、この受験という人生で数回あるかないかという貴重な体験ができる環境にいれることを、親、そして支えてきてくれた方々にとても感謝しています。受験ってもっと「勉強!勉強!勉強!」ってイメージで、頭のいい人はいいなー、と思っていました。けれど実際は違く、していることは確かに勉強ばかりかもしれないけれど、思ったよりも自分にとって価値のある経験ばかりでとても世界が広がりました。

それにもともと頭のいい人なんていません。その人たちだってたくさん努力してきた人たちです。「頑張る」ということのすごさ、辛さ、そして達成した時の喜び、このほかにも本当にたくさんのことを知れました。

なによりも、つらいときに支えてくれる人たちや、切磋琢磨できる仲間、少しだらけていたら叱ってくれて、手を引っ張ってくれる人、不安な時には背中を押してくれる人など、周りにいる人の大切さを実感できました。

正直、勉強というものには苦手意識がとても強く、全くできないことが多かったけれど、少しできるようになると嬉しくなり、ちょっと楽しくなっていた時期もありました。けどやっぱり受験って厳しくて、たくさん壁が出てきます。そこで折れかけたことは何度もあったけど、周りの人たちのおかげで乗り越えることができました。本当に感謝しています。そしてここまで頑張った自分も褒め称えたいです。とてもいい体験ができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

第一志望と自分の実力はほど遠かったけれど、先生だけはあきらめずに応援してくれた。真剣に相談に乗ってくれて、たくさんの励ましを受けた。そのおかげでここまで頑張ってこれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

距離が近くとても気さくに話せて硬い空気や気まずくなることはなかった。担任助手の方が去年受験生だったということもあって、受験のノウハウや注意してほしいことなど、体験談を踏まえて教えてもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

頻度は二ヵ月に一回と多く、また結果が一週間で出るところ。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自習室やパソコンを使うブースなどがとても快適で勉強に集中できる環境だったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

情報社会と呼ばれているこの世の中で、誤った情報やデマ、偏向報道などに惑わされず、自分でよく考え、自分で決断し、自分の信じる道を歩いていきたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
つらいときは励ましてくれて、少しだらけているときは活気づけてくれる。不安などでナーバスになってしまっても、グループ・ミーティングなどで少し話せばかなり気分が楽になる。

スモールステップカリキュラム
大抵の人は家で一日中、何時間もぶっ通しで集中し続けることは難しいと思うけれど、自習室などでは空気がガラッと変わり、みんなとても真剣な雰囲気なので自分も感化されて集中して勉強に取り組めた。

実力のある講師陣
つらいときには優しく、怠惰な時に厳しく、少し呼吸を入れようというときには気軽に接してくれる。とても頼れるいい先生方でした。

Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅴ 】
英文の見方が変わり、とても読みやすくなった。授業も雑談のおかげで飽きることなく、精神的にも楽に受けれた。

【 難度別システム英語 総合編Ⅴ ―夏期― 】
はじめは少し難しく感じたが、中盤から予習の段階で読めるようになり、授業では予習の段階で難しかったところも解説してくれていてわかりやすかった。内容も様々なテーマを取り扱っているのでありがたかった。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎)演習 】
幅広い分野を扱っており、復習もかねて重要な点を抑えることができた。なにより先生の教え方が上手で内容がすっと頭に入ってきた。

 駒澤大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17

大吉巧馬先生

受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎)演習

苦手分野の克服が目標です

多くの生徒が苦手意識を持っている分野を1講につき1テーマに絞り、集中的に学びます。受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎)[講座番号]を受講していない生徒も受講できます。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:学習項目に記載されている分野に苦手意識を持つ生徒