2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

近藤佑亮くん

東進ハイスクール川崎校

出身校: 浅野高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 柔道部 副部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

過去問は少し早めに始めるのがお勧め

 東進に通い始めたのは高1の終わりごろ、部活が忙しかったこともあり、まったく手をつけていなかった勉強をどうにかしようとしたのがきっかけでした。しかし、入って約一年間は、担任の先生方の注意に耳を貸さず、部活を言い訳にまじめに通っていませんでした。そんなこんなで高2の終わりごろ、まわりの友達が部活を引退し、勉強モードに入り始め、少しあせりを感じ、まじめに東進にも通うようになりました。

そんな矢先の2月のセンター試験本番レベル模試、まじめに勉強をしだしたこともあり、自信はあったのですが、英語で200点満点中78点を取って驚愕しました。今まで、自分が進学校であることに過信し、勉強を怠ってきた付けが回ってきたことを実感しました。成績優秀者の一覧の張り出しを見て、所属している高校の良し悪しではなく、高校に入ってからどれだけ努力したかが勝負を決めると思い知らされました。このことは東進に通っていたから気づけたことであり、同じ東進内でライバルの顔が見えるという環境は負けず嫌いの僕にとっていいことでした。

勉強熱に火がついた僕は部活を引退する6月まではおろそかにしていた基礎をもう一度詰め直すことにしました。一度終わらせていた高速マスター基礎力養成講座も一からやり直し、基本的な講座も何度も見直しました。しかし一から基礎をつめなおすのは到底目標の6月までには終わらず、7月の末までかかってしまいました。なので僕は高3の7月末までは自習勉強では単語、文法、英文解釈などしかやらず、長文は東進の講座でしかやっていませんでした。しかし、そのことが功を奏し、今まで理解出来なかった長文がだんだん分かるようになってきました。それ以降の夏休みは長文をがんがんこなし、学力の向上が実感できました。

八月末のセンター試験本番レベル模試では英語も9割近く取れるようになり、この頃から少し勉強が楽しくなってきました。というのも、勉強をする意味というのを個人的に探し始め、そのことにある程度の答えを見出せたことが一つの理由です。このことは僕の受験だけでなく人生の大きな転換点になった、と後から振り返ります。勉強をする意味というのは人それぞれなので、受験期のつらい時期に考えてみることを強くお勧めします。

夏休みも終わり、いよいよ過去問演習講座で第一志望の問題に取り掛かり始めました。最初は手も足も出ない問題に感じましたが、分かりやすい解説授業を受けるうちに、攻略の糸口をつかむことが出来ました。東進では第一志望の過去問は10年分やることが出来るため、ゆっくり、じっくりと解法を見つけることが出来ました。その点、過去問は少し早めに始めるのがお勧めです。

最後の追い込みの時期も比較的ペースを崩さず行えたので、受験に臨むに置いて多少の安心感はありました。本番もいい感じで臨むことが出来ました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を決める際、様々なデータをもとに親身に考えてくだっさたのが印象に残っています。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

小論文について、様々な討論に付き合ってくだっさたのが印象的です。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難関国立志望があまり受けない模試なので、私立文系の特に早慶志望者は上位を目指してほしい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活をしていたため、比較的自由に講座が受けられる東進ハイスクールを選んだ。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

模試の結果などで、お互い切磋琢磨しあったこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活で培った忍耐力、集中力は受験においてもとても役立ちました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強をする意味をよく考えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

勉強の必要性を感じれたこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

私立文系のトップの学部に行きたいと思った。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験勉強を受験勉強とは考えないようにしました。「受験勉強」は受験のための勉強という感じが強く、学校や学部にそこまで強い思い入れがない僕にとってそれは意味があることにはあまり感じられませんでした。今している勉強がどのように自分の興味に生かせるかを考えその必要性を感じられたとき、それは自分の趣味になり、その楽しさが理解できるようになりました。「受験勉強」は其のことを自分に気づかせてくれました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

広い知見や視野で世界の困っている人の力になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
10年分、しかも解説授業付きなのはとても良かった。

高速マスター基礎力養成講座
スマホでも利用できるため、いつでも活用できた。また、間違えた用語をまとまめて一覧にしてくれるため定着のスピードが向上した。

東進模試
校舎内に順位が貼り出されるので燃えた。

Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅵ 】
中級者以上向け。長文の内容は難しいが、解説がとてもわかりやすい。

【 入試英語@勝利のストラテジー 】
英文解釈の能力がグンと向上した。

【 過去問演習講座 慶應義塾大学法学部 】
小論文は自分では採点できないため、うまく活用した。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

宮崎尊先生

難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅵ

難関大に出題される長文の読み方・作法を伝授!

さまざまなタイプの読解問題を通じて、高校で学習した英語の知識を超えた、本番入試に即応した読解力と表現力を総合的に養っていきます。また、多様なテーマ・スタイルの英文を読む演習を通じて、近年の入試での出題傾向に合わせた実戦的な読解力と語彙力を養成していきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で80%程度得点できる学力を有し、最難関私大・難関国公立大の二次試験対策をしたい生徒