2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
社会科学部

no image

写真

鈴木渉悟くん

東進衛星予備校泉中央校

出身校: 仙台青陵中等教育学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進を最大限活用することが合格につながる

 僕は高校3年生の4月から受験勉強を始めようと思い、3月に東進衛星予備校の体験授業を受け、そのまま入学しました。講座受講や自習のために毎日東進に通ってたことによって勉強の習慣を身に付けることができました。僕は高校2年生までは受験を特に意識することもなく勉強もあまりしていなかったので、入学当初は模試の判定はE判定で、A判定になるためには偏差値が17足りませんでした。そこからスタートして3年生の1年間の頑張りで志望校に合格できたのは、東進の講座や担任の先生のお陰であると深く感謝しています。

東進に通って実感したおすすめのポイントはいくつかありますが、その中でも特に僕が感じたのは、同じ講座を繰り返し見られることです。最初に講師の話を聞いたときは、なるほどなとか覚えやすいなと思うものですが、次の日になると忘れているということは本当によくあります。そんなときに講座を何度も見返すことで、だんだん頭に入るようになりました。僕は同じ講座を5,6回見返したので講師の先生の口調を覚えてしまい、それを真似しながら問題演習をすることによって授業内容を思い出しつつ解くことができました。

また、講座だけでなく東進の模試もおすすめですが、それよりも東進模試の解説授業は情報量が豊富なので必ず見るべきだと思います。私も模試よりも解説授業を何度も復習しました。やはり東進を最大限活用することが志望校合格につながったのだと思います。

今後は高校までの知識を基礎に大学でも学び続け、知らなかった世界をたくさん知りたいです。将来は起業したいと思っているので、社会科学の立場から多くの視点を持ち、夢を実現したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生は毎日行くと声をかけてくれて、調子が悪い時に相談しやすい空気を作ってくれていました。毎月何をやるべきか相談にのってくださったお陰で自信をもって学習計画を立てることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は、はじめ厳しそうで少しなじみにくい印象でした。しかし毎週の面談を経て積極的にアドバイスをしてくださり、私も気軽に相談するようになりました。また、他学部演習の際には用意をしてもらい、勉強時間の確保に協力してくださいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

選択肢問題で構成されており、レベルは難しくないので基本事項の確認に最適です。しかし、選択肢問題は1問につき4択なら4つのことが聞かれるため、書き問題よりもたくさん復習できます。解説授業を聞けば周辺知識までインプットでき、知らなかったことを知る機会にもなります。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のやり方やペースで進めていけるのが自分に合っていると思ったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕は将来起業して「帰りたくなる地元」づくりの活動を行いたいです。地元の人と中高生のうちにかかわることでアットホームな環境をつくり、地元愛を育てることで地域活性をしていきたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
複数の種類の模試を受けることによって同じ教科の中で幅広い分野について思い出すことができ、総復習につながりました。また、解説授業は何度も見られるので復習につながり、問題以外の周辺知識についても総ざらいしてくれるのでさらに覚えやすくなります。東進POSを使えばこれまで受けた模試の点数、偏差値、得点分野などが全て記録されており、苦手をなくし得意を増やす勉強計画を作るために非常に役に立ちました。

過去問演習講座
僕は志望校以外受験しなかったのでひたすらこの講座をやりまくりました。過去問を5周し、解説授業をそれ以上に見たことでどんな問題も同じアプローチで進めることができました。だんだん他学部の問題でも点数が取れるようになっていき、自信にもつながりました。試験当日も先生の口調を真似しながら解くことで、いつも通りの実力を発揮することができました。

実力講師陣
CMに出ているだけでも多くの講師がいますが、名前を聞いたことがない先生でもすごくわかりやすいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 】
早稲田大学は基本どの教科でもアプローチは同じです。過去問をひたすらやって、回答の出し方を覚えるとどの学部でも使えて点数にもつながります。僕は8月から過去問演習をはじめ、ひたすらアプローチを体に覚えさせました。この講座のいいところは解説授業で、一流の講師が丁寧に教えてくれるので、何度も見て全く同じ思考ができるように訓練しました。他の問題演習ではできないことなので、この講座は取るべきだと思います。

【 早大英語 】
早稲田のすべての学部について満遍なく演習ができ、どの学部の問題が似ているのかを把握するのにもいいと思います。特に、早稲田大学内で併願をした僕にとっては膨大な量の過去問をやるよりも効率的に情報を仕入れることができたので役に立ちました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17