2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1332人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
理工学部

no image

写真

木原康生くん

東進ハイスクール稲毛海岸校

出身校: 千葉西高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

勉強スケジュールをしっかりと計画することが大切

 僕が合格できた一番大きな要因は、得意科目である数学で他の人よりも大幅に点数を稼ぐことができたからだと思います。問題が今までよりも難しくなったり、他の科目で多少ミスをしても、自分の得意科目で必ず安定して取ることが出来れば合格へはかなり近づくと思います。必要なのは満点ではなく合格点であるということを理解し、各教科の点数の配分と今の自分の学力などを考え、毎日の勉強時間の配分や全体を通してのスケジュールをしっかりと計画しながら勉強を進めていくことが大切だと思います。

僕は数学と物理の勉強法について、最も大切なのは自分で演習を進めていくことだと思います。受講などである程度インプットが終わったら、すぐに演習に移り問題を解き進めていました。この時重要なのは復習を疎かにしないことだと思います。解答を見てわからない所や少しでも疑問に思った所は放置せずに解決してから次に進むようにしていました。また、わからない問題があった時にすぐに解答を見るのではなく、少しでも自分で考える事も大切だと思います。すぐに解答を見るようにしていると、その問題の解き方を暗記するだけで、応用力が身につかず、初めて見る問題への対応が出来なくなってしまいます。最終的に自分ですべての解答が出せずとも、考えている時間は決して無駄にはならないと思います。

受験生活を通して、きついと思ったことも何回もあったけど、終わってみたらそんなにつらい思い出ではなかったなと思います。毎日放課後東進に通う日々も慣れたら楽しかったです。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校の面談などで親身になって相談に乗ってくれてよかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

各教科の勉強法や計画などの相談に乗ってくれてよかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎回各教科の目標を持ち、それを達成できるように計画を立てて勉強していくこと。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で自分のペースで受講を進められるところに魅力を感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りの人と競い合えて楽しかった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

AIを発達させてみんなが楽できる社会を作りたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
学校よりもかなり速く学習を進めることが出来てよかった。

高速マスター基礎力養成講座
毎日の通学時間をかなり有効に活用できた。

特別招待講習
先に色々なシステムを体験出来て、東進に入るきっかけになったのでよかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
基礎から応用まで全て分かりやすく教えてくれてよかった。

【 高等学校対応 数学Ⅲ-標準- 】
基礎の部分を速くインプット出来てよかった。

【 受験数学特別講義-積分編- 】
自分だけでは理解しにくい所を分かりやすく教えてくれてよかった。

 中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 27

河合正人先生

受験数学特別講義-積分編-

積分を集中学習し、入試の得点源にしよう!

数Ⅲ積分の典型問題から厳選した30項目を例題と演習を通じて学習していきます。置換積分や部分積分、区分求積法、回転体の体積など基本公式や問題について一通り身に付けた生徒が対象です。『受験数学Ⅲ(応用)』の後に受講することで、数Ⅲ(積分)分野の理解をさらに深めることができます。本気で数学Ⅲを極めたい生徒、大学進学後も興味を持って数学に取り組みたい生徒は特にお勧めです。『受験数学特別講義-微分編-』とセットで受講し数学Ⅲを確実な得点源にしましょう。

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:難関大入試で積分を得点源としたい生徒