合格

ぞくぞく公開中!1486人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

信州大学
理学部

no image

写真

鈴木治貴くん

東進衛星予備校津新町駅前校

出身校: 津高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: SSC化学部 部員

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

担任助手の先生と話すことで、不安の中でも安心感を得ることができた

 僕は信州大学理学部に合格しました。東進に入ったのは高校の入学と同じ頃で、卒業まで3年間お世話になりました。

東進の良い所は、授業内容や模試のことはもちろんですが、個人的に特に大きかったのは、グループ・ミーティングなどで仲間や担任助手の方と話をしたり、時には相談をしたりして、気分転換ができたことが良かったと思います。

2年生の時に突然の病気で約1ヶ月間入院したりして、モチベーションが保てないこともありました。しかし、同じ趣味を持つ担任助手の方と話すことで、不安な日々の中でも安心感を得ることができました。受験勉強で大事だと思ったことは2つあり、まずセンター試験や二次試験の対策を年度や教科ごとに一通りやって傾向を掴んだり、自分の弱点を知ること、また、勉強に対するモチベーションを維持することです。

特に僕はモチベーションが維持するのが苦手だったのですが、大学に入ってやりたいことを考えたり、好き・得意な教科の教科書などを傍らに置いて自信をつけるなど、「自分の好きなこと」を意識して臨むことで、自然とやる気も出てくるのではないかと思います。

今後は、自分の好きな化学について、様々な知識をつけたいと考えています。皆さんも、合格に向けて精一杯頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

入院後に体の心配をしてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ趣味を持つ担任助手の方と話した。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

頻度が高いので、その時点での自分の力が分かりやすい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

塾などに行かないと勉強できないと感じたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲間と話す機会があることで、気分転換をしたり、安心感を得ることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

退院直後についていけるかの不安などでやる気が起きなかった。好きな教科の勉強から取り組むことでやる気を取り戻したりした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学でやりたいことを考える、好きな教科の教科書などを傍らに置いて自信をつける、好きな音楽を聴いて勉強する、同じ趣味を持つ仲間と話す。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

科学についての知識をつけ、人々の役に立つ方法を考えていく。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英単語などを短時間に集中して学習できる。

過去問演習講座
センター試験や二次試験の過去問を年度ごとに通して学習できる。

東進模試
模試判定などで自分の立ち位置、弱点が分かる。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英文法を楽しみながら学習できる。

信州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0