2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1490人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

近畿大学
国際学部

no image

写真

竹内舞さん

東進衛星予備校豊橋南栄校

出身校: 時習館高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: 陸上部 高跳び

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

友達とお互いを高めあいながら、支えあいながら勉強ができた

 私が東進に通って良かったと思うことは、友達とお互いを高めあいながら、支えあいながら勉強ができたことです。一人で勉強していると、だんだん予定してたペースより遅くなってしまったり、周りがどのくらいやっているのかわからないまま進めていくことになりますが、グループ・ミーティングなどを週に一回参加することでほかの人の進み具合がわかったり、自分と同じ部活で忙しくても高い目標を立てているのをみることで、自分に甘くならずに厳しく目標を立てることができると思います。

また、センター前で自分の期待していた点数がとれなかったり、何をしていいか分からなくなって混乱した時に、同じ東進に通っている子に話をきいてもらったり、相談をすることで不安が軽減され勉強にも集中でき、自分が何をしたらいいのかが分かりました。

私は、大学に進学してからは学びたかった言語を思う存分学び、約一年の留学経験を生かして世界のいろんな人と出会い、その人たちから日本にいては分からない現地のことや、その地域の伝統・食べ物・生活の仕方を知りたいです。

私が後輩の皆さんに伝えたいメッセージは、目標を早く立てることと、人との出会いを大切にしてほしいということです。目標が早く定まれば、その目標に向かっていち早く行動ができるとおもうからです。また、人は一人だとどうしても頑張れない時があると思うので、そんな時に支えて励ましてくれる人を大切に自分のかなえたい夢に向かって頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

目標点数をしっかりたてる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友達がいたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなの進捗状況を知って、目標を立てていた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

何事もやりきること。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業はいつも映像で見ている先生の話が聞けて楽しかったです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

センター前、友達に話をきいてもらった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学に入って自分のしたいことをしている姿を想像した。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

留学できるから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生経験

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

客室乗務員としてはたらくこと。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
面白く英語の大切なところをおしえてくれるから。

 近畿大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒