合格

ぞくぞく公開中!1490人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
経済学部

no image

写真

大原直也くん

東進衛星予備校守山駅前校

出身校: 草津東高等学校

東進入学時期: 高3・7月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受験日までにすることを明確にすることで、モチベーションを持続できた

 この度、僕は幸いにも第一志望の同志社大学経済学部に合格できました。本格的に受験勉強を始めたのは高校3年の夏休みに東進に入ってからですが、自分なりに努力をした結果がこのような形に表れて嬉しいです。

これから僕の体験を書いていきます。後輩の皆様の参考になれば幸いです。

まず、同志社大学を志望した動機ですがオープンキャンパスで大学の雰囲気を知り、学習内容や就職実績、家からの利便性を考えて決めました。模試の判定はE判定やD判定がほとんどでしたが「部活が終わったので勉強に真面目に取り組めば伸びるだろう」と考えたのであまり参考にはしませんでした。

そして、東進に入ってからはとにかく苦手な英語を中心に勉強しました。午前は家で暗記系の勉強をして、午後は東進に行って英語を2コマ、国語を1コマしました。予習は軽くして、復習を重点的にしました。

9月から10月の1週目までは毎日2コマを目標にして計115コマを終えました。そこから同志社の過去問を解いたのですが、英語が難しく、映像による授業を終え次の目標が定まっていないのもあり、モチベーションが下がってしまったことが反省点です。

そこで、同志社大学を志望している友達と話したり、先生と話したりして受験日までにすることを明確にしました。具体的には語彙力を上げる、過去の模試の英語長文を解いて解き方を知る、文化史の暗記などです。そうすることでモチベーションを持続することができ、過去問もわかるようになってきました。

試験本番では会場が想像以上に狭かったのですが緊張せずに受けることが出来ました。受験を終えて、目標を明確にすることの大切さと睡眠をしっかりして日々コツコツ勉強を続けることの大切さを学びました。最後に私の受験勉強を支えていただいた先生方ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強の仕方

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティング

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大記述模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

勧められたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

雑談

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

体力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

目標を決める

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

ゲーム

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパス

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

マラソン

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

一日一善

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】


【 C組・英語基礎力完成教室 特別編 】


同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0