合格

ぞくぞく公開中!1490人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
文学部

no image

写真

福永桐花さん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 倉敷天城高等学校

東進入学時期: 中2・11月

所属クラブ: 硬式テニス

引退時期: 高2・7月

この体験記の関連キーワード

自分のペースで通えるから学校との両立が出来た

 自分のペースで通えるというのは大きな利点でした。学校の課題が大量に出たときはそちらに重きを置けるし、東進の授業を受けていて理解に不安を感じたところは何度もやり直すことができました。

勉強法についてですが、私の得意科目である英語について書かせていただきます。受験において、文系の生徒にとっては特に、英語は要の科目となります。私立大学はマーク式の解答が多いのでセンター試験の演習がそのまま活かせます。また記述や英作文については回数を重ねることが一番重要なことだと思います。

東進では、難関大対策英作文の講座を受講し、繰り返し課題の英作文ををやり直しました。内容のボリュームがなかなか多いので時間はかかりますが、英作文の力はすごくついたと思います。そしてリスニングについてですが、英語に耳を慣れさせることと同じくらい、単語力が重要になってきます。単語の意味とスペルがしっかり頭に入っていたら、その単語とリスニングで流れてくるワードが頭の中で一致して理解ができるようになります。まずは単語力をつけてください。

そしてシャドウイングです。私は国公立の二次試験にリスニングがあったのですが、直前期はお風呂などの隙間時間でシャドウイングをしていました。口と耳を英語に慣れさせる練習です。同時に単語も覚えられるので一石三鳥です。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで通えるから。映像による授業に魅力を感じたから。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と会うことと、好きなお笑い芸人の漫才・コントを疲れたときに一本だけ見ることです。特にセンター試験の後から前期試験までの時期は学校も自由登校となったので人に会う機会がぐんと減りました。なるべく学校開放しているときは登校して友達と会い、モチベーションを高めました。また、私はお笑いが好きなので疲れたときは一本だけ漫才かコントを見て、笑って、モチベーションを回復させました。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


講座修了判定テスト


過去問演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(諸地域世界の形成) 】
世界史の年号と出来事を単に覚えるのではなく、その時代背景や人々の特徴・暮らしといった教科書や資料集に乗っていない事柄を教えてくれます。NHKの世界史特集を見ているようなダイナミックな授業でした。

【 難関大対策 自由英作文 】
自分の英語力がものすごく身についたと実感した授業です。先生の生徒の解答例を添削しながら行われる授業は、私たち生徒にありがちなミスを的確に指摘していてとても効率の良い、わかりやすい授業でした。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
先生の知識が非常に豊富で、90分間があっという間であり、授業を終えた後の自分の知識量がものすごく増えたように感じました。

同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9