2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
情報学部

no image

写真

常忠紀くん

東進ハイスクールつくば校

出身校: 土浦第一高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 卓球部 書記

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

自分が正しいと思うことを信じてやることが合格への第一歩

 はじめに、受験勉強をする上で、自分で考え自分が正しいと思うことを信じてやることが合格につながると僕は思っています。東進はその指標を与えてくれる点で有効なツールです。ただし、あくまで指標を与えるだけです。東進のどのコンテンツを使うか、どう使うかは自分で考えなくてはいけません。周りの大人たちに流されてはいけません。自分に必要ないと思ったらはっきりNoと言う。これができてスタートラインです。

ここからは東進のツールについて、僕が自分の体験を通じて感じたことを話していこうと思いますが、これはあくまで僕の考えに過ぎません。どれが自分にとって必要なツールであるかはよく考えてください。まず高速マスター基礎力養成講座について。この講座は英語の基礎力を固める上で有効だと思い、取りました。この選択は良かったです。単語、熟語、文法は英語力の基盤であるがゆえ、これらができるようになると間違いなく英語ができるようなります。僕も実感はわかなかったですが、目に見える形で点数が伸びていきました。英語の基礎ができてないと思う方は取ったほうがいいでしょう。逆に、英語力に自信がある方にとってはあまり必要ないかと思います。

次に受講について。僕は講座を取りすぎないことを強くお勧めします。自分にとってキャパオーバー、あるいはぎりぎりの量をとったところで内容を吸収しきれません。10の講座をそれぞれ40%吸収するより、5の講座を100%自分のものにするほうが遥かに意義があります。これは、自分ならこなせると信じ込んでたくさん講座を取りすぎてほとんど身につかなかった自分の教訓です。

僕は夏は基礎固めをするべきだと思い、この時期に基礎固めを徹底したことで、12月からのセンター対策の効率が上がり、短期間でセンターを完成させることができました。高3の夏は本当に大切な期間です。

2次試験過去問演習講座について。自分の答案を第三者に見てもらい点数として可視化するということは、実はなかなか機会がないことです。その点で、僕にとってこの講座を取ることには十分な価値がありました。また、解説授業のおかげで、解説を読んで分からなかったことを理解できたり、その1問からより多くのことを吸収できました。これらのことをあまり重視しない方は本で十分でしょう。

最後に、僕は圧倒的な量をこなすことより、1問から多くを学ぶこと、つまり深めることを重視していました。これも人それぞれ違うと思います。僕はこのスタイルがはまって、最後まで楽しく勉強することができ、それも良い結果につながったと思っています。誰かの真似をしてもいいことはありません。自分なりに考えた自分だけの必勝法で努力を続けてください。それが必ずいい結果につながることを信じています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

モチベーションがあがったこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

返却がはやい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

校舎長の説明を聞いて、ここなら自分の可能性を最大限高められるだろうと思ったから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

AIを発展させるだけではなく、人類に悪影響が出ることにブレーキをかけられる人材になること。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
分かりやすい、面白い

 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 88079

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒