2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
経営学部

no image

写真

山本陸くん

東進衛星予備校有松駅前校

出身校: 名古屋西高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: 生物部

引退時期: 高2・5月

この体験記の関連キーワード

受験勉強は早期スタートが大切

 僕は勉強に関しては高1から量は多くはないけど、やってはいました。勉強は積み重ねだと思うから、急にできるようになるなんてことはなくて、例えば英語なら毎日英単語を覚えたり、音読したりなにかしらの努力はしないと成績はのびることはないと思っています。

そして、改めて僕の受験を振り返ってみても受験勉強の早期スタートというものが大切だと思います。高3の春からでは絶対に間に合わないので高2の秋から冬にかけて開始したほうがいいと思います。そして、合格のためのカギは英語の攻略だと思います。文系の人は特にそうですが、理系の人も英語ができれば、差がつけられると思います。極端な話ですが、英語ができるようになれば、他の教科も自然とできるようになってくると思います。受験勉強はまずは英語から始めることをおすすめします。

あと、話はすこし変わりますが、何か一つでも得意教科をつくっておいたほうがいいと思います。そうすれば、受験勉強も楽しくなるし、苦手教科をカバーすることもできると思います。

それとは他に僕が学んだことは過去問は解いておいたほうがいいということです。どれだけセンターがとれても、国立2次や私立の問題が解けないとその大学には受からないので、少なくとも3年分、第一志望ならば7から8年分くらいやるべきだと思います。

そして、最後にいいたいことは受験はどんなにだめだと思っても最後までやらなければわからないということです。あまり対策をしてなくて、自信がなかった大学に受かったので、最後までやり遂げるべきだと思いました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校のプランを綿密に考えてくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

スランプのときにあせらなくていいよと言ってもらえたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

すごく標準的で学習の定着度がわかる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近くて通いやすいというのもありましたが、映像による授業というのが僕にはすごく魅力的でした。また、大手予備校で実績もあるので、東進にしました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで励ましあえたこと

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

受験勉強も大事だけど学校生活も大事にしたほうがいいと思う

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

嫌でもできるようになると信じて休むことなく勉強を続けること

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のパンフレットを見る

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

偏差値や立地、ブランド力

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

すごく辛かったが、努力の大切さや切磋琢磨しあえる友人の大切さを改めて感じた

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

公認会計士・税理士

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法、英単語、基礎長文読解が一度に学べる

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
音読をたくさんして、速読力、精読力が身につく

【 スタンダード日本史B PART1 】
単なる暗記ではなくいろいろなつながりがわかる

 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒