2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
情報学群

no image

写真

芝田匠くん

東進ハイスクール新宿エルタワー校

出身校: 明治大学付属中野高等学校

東進入学時期: 中3・4月

所属クラブ: 理化部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進の整った環境を利用して合格

 僕は筑波大学情報学郡情報メディア創成学類に合格しました。今の率直な気持ちとしては、「ほっとしている」という感情です。

僕の将来の夢・志は、先端技術を利用して新しいモノを創り、世界中の人々の役に立てる人材になることです。その夢・志を叶えるために、プログラミングや幅広い先端技術を学べるこの大学・学科を志望しました。

僕は目標が明確だったので、志望校選択に迷わずまっしぐらに勉強に向かえました。ですので、自分の目標を明確化することが、志望校合格への大きな一歩となると思います。

これから、勉強面について述べます。僕は、東進に入ったことが志望校合格の大きな要因だと思っています。おススメのコンテンツは、センター1800です。理由としては、やはり文理関係なく必要となる英語の土台を培ってくれるコンテンツだからです。僕は、上級の英単語の力は正直乏しいです。でも、この1800を完璧にしただけで、2次レベルの長文もほとんど読むことができるようになりました。東進がデータを基に厳選した単語なので、間違いありません。

おススメの講座は、上位国公立大数学Ⅲです。現役生にとって、数Ⅲは鬼門となると思います。しかし、難しい数Ⅲも基本理解と典型問題の演習で、かなり解けるようになります。この典型問題の演習の部分をこの講座では、短期集中で行うことができました。科目数の多い、国公立志望にとってこれは、かなり心強いと思います。

次に、環境面について述べます。僕は、この面についても、東進は優れていると思います。まず担任指導によって、志望校の決定や進むべき道順を示してくれます。東進生はこのとき、志作文を書きます。志の明確化は勉強への意欲に繋がると僕は考えます。そして、担任助手の方によるグループ・ミーティングで短いスパンでの計画をたてます。重要な計画立ての時に、受験を乗り越えた先輩方の助けは、良い影響を及ぼしてくれます。さらに、映像による授業の東進でもこのグループ・ミーティングを通して、良きライバルとなる友人が出来ます。僕にとって、東進での友人は共に高め合う着火剤になりました。

このように、僕にとって東進は合格のための手段ではなく、人として成長する場となりました。皆さんも是非東進で努力を重ね、志望校合格を勝ち取って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

親が選んだ

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


東進模試


確認テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 上位国公立大対策数学Ⅲ 】


 筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4