2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
教育学部

no image

写真

内藤楓さん

東進衛星予備校豊橋駅前校

出身校: 時習館高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: 放送部 アナウンス班班長兼副部長

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

東進は、最高のコンテンツ、最高の先生、最高の学習環境が揃っている

 
私は、高校2年生の夏に、自分の成績に危機を感じ、東進に通うようになりました。東進に入ってよかったと思う点を書きたいと思います。

1つ目は、映像による授業です。私は、中学生まで別の塾に通っていましたが、実際の先生がクラス単位で授業をしていくというものでした。そのため、周りの人とのレベルの差や、教科ごとの先生の質の違いが大きくありました。また、部活動やその他習い事などを、授業のために毎週時間を変えたり休んだりしなければいけませんでした。しかし、東進の映像による授業では、自分の空いた時間に自分に合ったレベルで、最高の先生方の授業を受けることができたのでそのような心配をすることはありませんでした。私は高校の部活動も忙しく、高校3年生の時に1か月間の留学もしていたので、そのような状況でも授業が進められることはとても助かりました。

2つ目は、高速マスター基礎力養成講座です。センター試験で必ず必要となってくる基礎能力をここで身に着けることができます。英語では、単語、熟語、文法と、順番に空いている時間を使って短期間で身に着けることができます。英語だけでなく、数学、古文など様々な教科に対応しているので、基礎能力を身に着けることができるのはもちろん、2次試験など応用する場面でも役に立ちます。スマートフォンアプリとも連携しているので、東進にいないときも、通学中でも勉強することができます。

ほかにも自分が受験をするうえで、東進に助けられたことは多くあります。例えば、校舎の先生方がよく相談に乗ってくださったので、成績の面だけでなく、周りの環境、メンタル面においても非常に助けられたと共に、受験は一人でするものではないということに気づくことができました。

私は、希望大学には結果的に合格することができましたが、後悔していることもあります。主に、東進のコンテンツをうまく活用しきれていなかった点です。部活の忙しさなどを理由に、授業をしっかりと受け切れていない、マスターを履修しきれていない、ということがありました。

高校2年生のころは、受験期になればなんとかなるだろうと思っていましたが、いざ受験生になると、その考え、行動は自分の首を絞めていたことに気が付きました。自分の行きたい大学に合格するために自分の学習のレベルを上げるのは高校三年生からでは遅いと感じ、結果とても苦労しました。

そこで後輩の皆さんには、ぜひ早いころから本気で勉強を始めてほしいと考えています。東進では、最高のコンテンツ、最高の先生、最高の学習環境が揃っています。受験勉強を始めることに遅いということはないと思います。全力で頑張ってください。

みなさんが、自分の夢、目標に届くようにこれからも応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

今まで本気で勉強をする、ということができなかったので、面談をしていただくことで計画を立てて、受験をするという姿勢を持つことができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分と年齢が近い、大学受験を経験してきた方々なので、親近感を覚えるとともに、相談もしやすく、とても助かりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター試験型の模試を定期的に受験することによって、本番でも物怖じしない実力と精神力を手に入れることができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で、通学駅で通うことができたため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングによって、周りの友達はどれくらい頑張っているのかなどがわかることが自分にとって良い刺激になりました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

憧れがあったからです。オープンキャンパスで、ここにしたい!となんとなく思いました。具体的な理由はあまりありませんが、憧れが自分の一番の原動力でした。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とてもつらいものでしたが、周りの人に支えられて結果を残すことができたので辛かったと笑って話せるものになったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

教育学部に進むので、将来自分が社会の役に立つ人間になるとともに、教職者として社会に貢献できる人のサポート、育成ができる人になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
高速マスター基礎力養成講座によって、英単語、熟語をはじめとした基礎を習得することができます。スマートフォンとも連携できるのでいつでも履修することができます。

担任指導
私が学業以外のところで忙しい時も、なんとなく学習をおろそかにしてしまっているときも、面談等で私が大学に合格することができるように指導をしてくださいました。学習面だけでなく、メンタル面でもとても助かりました。

実力講師陣
映像による授業での学習だったので、どこにいても有名な先生の授業を受けることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英語の文法が苦手だったのですが、センター試験で戦えるようになれました。

【 入試対策:センター試験対策 生物基礎 】
短期間で苦手だった生物基礎をセンター試験で点数がとれるようにしてくれました。感謝しています。

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
世界史が苦手だったのですが、全体を把握し、記憶がしやすくなりました。

 横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒