2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
薬学部

no image

写真

寺田大修くん

東進衛星予備校修猷館前校

出身校: 修猷館高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 山岳部

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

東進には活用すべきシステムがたくさんある

 僕は東進に高校入学と同時に通い始めました。はじめは何もわかりませんでしたが担任助手の方々に優しく教えてもらいながら東進生活がスタートしました。

最初はとにかく受講をこなすのが大変でした。高校の勉強は中学の勉強とはけた違いに難しくなかなか理解が進みませんでした。しかし、日が経つにつれだんだんと東進の生活に慣れ、受講や確認テストにも対応することができました。

そして、高速マスター基礎力養成講座も始めました。特に英単語センター1800を重点的に行いましたが、こちらもなかなか講座終了判定テストに合格することができずに苦労したことを覚えています。2年生になると部活や学校行事に忙しくなり、勉強がおろそかになりがちですが、部活後でも放課後はなるべく東進に行き受講を進めることを心がけました。これはのちに3年生で多忙な時期を救うのに重要な期間だったのではないかと感じています。

受験生になるといよいよ勉強づくしの日々になってきました。ほとんど毎日欠かさず校舎に向かいました。受験期は自分が上手くいかないことがかなり増え、苦しい時もありました。そんなときには友人や担任助手の方々、そして何よりも家族に支えられました。自分一人ではこの受験は乗り越えることはできなかったと感じています。

特に受験直前期のセンター試験前と二次試験前は苦しみました。本当に自分は大丈夫なのだろうかという不安に駆られました。しかし、本番では自分は今までこんなに勉強してきたのだから大丈夫だという自信をもって臨みました。試験中わからない問題があっても自分を信じて冷静になれた気がします。そして、最終的に合格を掴み取ることができました。

自分の受験番号を見つけたときは大変安堵しました。今まで本当に頑張ってきてよかったという喜びと同時に今までお世話になった方々への感謝の念が浮かんできました。本当にありがとうございました。

東進にはたくさん良いシステムがありそれを活用しない手はありません。まずはじめに、受講は計画的に進めなるべく早めに終わらせましょう。けれども、どんどん受講を進めて学習内容の理解がおろそかになっては本末転倒です。なので、自分で計画的に考えて受講を進めましょう。

次に高速マスター基礎力養成講座です。最低でも英単語センター1800は完全習得しましょう。センターレベルの単語をしっかりおさえることで二次試験レベルの英語も読めるようになってきます。そして受験生はもちろん1,2年生の人もセンター試験本番レベル模試を欠かさず受けましょう。この模試で自分と志望校とのレベルの差を知ることができます。また数少ない緊張感をもって受けることができるいい機会です。

最後に過去問演習講座です。過去問は用意された10年分を1周は最低限こなしましょう。志望校の傾向や対策すべき点さらには自分の弱点が見えてきます。また、添削指導では自分では気づけなかったミスなど多くのことを学ぶことができます。他にも東進には活用すべきシステムがたくさんあるので第一志望校合格を目標に頑張ってください。

もともと僕は薬学や化学に興味・関心があり薬学部に進みたいという気持ちが強かったです。将来は薬にかかわる職につき、できれば新薬の開発や研究に携わりたいと考えています。今でも治療薬がなく困っている患者さんや家族の方は多くいらっしゃいます。そういった方々の少しでも助けになり貢献できれば幸いです。僕がそのような大きなことをできるかはわかりませんが、自分の可能性を信じて、最大限努力して世のため人のために活躍できるような人材になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強だけでなく将来のことも考えて指導をされたこと。成績が伸び悩んだ時やわからないことがあった時アドバイスをいただいたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強だけでなく将来のことも考えて指導をされたこと。成績が伸び悩んだ時やわからないことがあった時アドバイスをいただいたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

定期的に行われるので模試までの目標を立てやすく勉強の意欲が向上すること。自分の弱点が細かくわかること。本番さながらでの緊張感をもって試験に臨めること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で自分が好きなタイミングで学習が進められるから。模試を定期的に受けられるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

ともに頑張る仲間がいるということを再認識することで勉強を頑張れた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校行事の役職についた際には隙間時間を見つけてはできることを少しずつやっていた。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

とにかく休む暇がないほど勉強をするというとてもいい機会となった。また他の教場の生徒にも大変刺激を受けた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿・・・とても長い時間勉強時間をとることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

辛かったのは直前期、本当に自分の学力で大丈夫だろうかという不安にかられたこと。ともに頑張る友達の姿を見て乗り越えた。スランプは特になかった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格したあとの春休みや大学生になってから待ち受けている楽しいことを想像していた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

家から通いやすく、自分のやりたいことに合う学習ができるから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生における訓練の一つでありあくまでも通過点である。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

東進に通うことを通じて学んだ精神を忘れずに世のため人のために努力し自分ができることを精一杯頑張りたい。将来は新薬の開発や研究などに携わりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
自分の都合が合うタイミングで受講を進めることができるから。

過去問演習講座
過去問から傾向や対策すべき点がみえてくるから。添削指導で自分ができていない点を指摘されて気づくことができるから。

実力講師陣
質の高い授業を受けることで学力が向上するから。講師のちょっとした面白い話をきくことで勉強のモチベーションが上がるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法を基礎から一通り学習することができるから。

【 入試対策:センター試験対策現代文(90%突破) 】
センター現代文を根拠を明確にしながら正解を出すことができるようになるから。

【 スタンダード化学 理論化学 】
高校化学において大変重要である理論化学を基礎から入試レベルまで一通り学習できるから。

 九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

出口汪先生

入試対策:センター試験対策現代文(90%突破)

一貫した読解法でセンター現代文を攻略

「そこそこの点は取れても、高得点は取りにくい」センター現代文ですが、一貫した論理的読解法を身につければ、高得点は「取れて当たり前」であることを、本講座では実感してもらいます。本講座に取り組むことは、センターのみならず、二次・私大対策にも大きな相乗効果をもたらすことは間違いありません。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関大を目指して、センター現代文で「絶対に高得点を取らねばならない」生徒