2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
医学部

no image

写真

水谷裕介くん

東進衛星予備校瑞穂新瑞橋校

出身校: 東海高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: ジャグリング部

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

皆さんの努力が結晶することを心から願っています

 この春から念願の志望校に進学することとなりました。後輩の皆さんの励ましになると信じ、僕からメッセージを送りたいと思います。勉強法については、理系の人向けになってしまうことをご了承ください。

主に数学について僕の意見を述べます。まだ高3でない人たちは、焦らずに基本的な問題(スタンダードの基本例題など)を確実に解けるようにするべきだと思います。体系的に基本事項を自分の中で確立してください。そうすれば、発展的な問題と出くわした時、効率よく成長できるはずです。高3の人たちは数学ⅠⅡABが数学Ⅲよりも先に修了することでしょうから後者の習得と同時に前者の問題演習をしっかりと進めてください。むつかしい問題がある日突然解けるようになることはありません。早い時期から発展的な問題(スタンダードのB題など)に取り組むとよいと思います。僕は、東進では過去問演習を除くと「国公立大医学部対策数学(演習)」という講座しかとっていなかったのですが、高校数学のすべての分野(データの分析除く)の基本事項の復習と高度な演習ができる講座で、前述の問題演習に向いていてお勧めできます。

参考程度ですが他の教科についても意見を述べます。化学は、理論、無機の分野から確実に問題演習を進めるとよいと思います。(個人の感想ですが)高校化学でもっともむつかしいのは理論化学です。有機化学でとんでもない難問奇問が出題されることは稀ですが、理論化学は煩雑な計算問題がいくらでもでてきます。物理は、力学・電磁気学を確実に身に着けるべきですが公式の丸暗記をするにはつらい教科です。積分をある程度学んだあとであれば自分でときに公式を導出してみるといいと思います。

英語は、とにかくよく英文を読むことです。早い時期(僕の場合は高2の初め)から過去に入試問題で出題された英文をよく読み、必要に応じて全訳を出してみるといいと思います。基本的には、英文を読むのと単語を身に着けるのは同時進行で構わないと思いますが、センターレベルの単語力がまだだという人は急ぎめで単語を身につけましょう。わからない大量の単語をことごとく辞書で引きながらの学習は非効率的です。逆に、単語力が身につくと一気に楽しくなる教科であると思います。

古文、漢文もまた単語力が重要ですが、多くの文章を読んで古文漢文そのものの特徴(例えば、漢文ではよくたとえ話が登場する、など)を認識できるようになると、いくぶんか問題に取り組みやすくなります。要は、数をこなしましょうということです。

社会科は模試のたびに既習分野を一読するといいと思います。

続いて、東進の活用法ですが、自分の力だけで受験勉強を乗り切ることに壁を感じたからこそ皆さんは東進に入ったのだと思います。実際、僕もどうしようもない無力感に苛まれて勉強をする気になれなくなったことがままありました。そんな時、東進に行くことは有効です。受験生にとっての大きなテーマの1つはモチベーションの維持だと思います。入学当初のあふれんばかりの向上心はやがて疲れとともにかすんでいくことでしょう。受験生の1年は大変長いです。この計画通り勉強すれば合格できるはずだと計算し、規則正しく実行する。あるいは、思い通りに勉強ができなかった日にはそのことを手帳に書くなどして明文化し、自分を戒める。これらはどちらも僕が実践したことですが、とりわけ後者は非常に効果的ですから、行き詰ったときは試してみてください。けっしてしてはいけないことは自分の過ち、怠りをうやむやにして放置することです。

終わりに、無事受験を終えた今の心境をつづりますと、とてもおだやかな気持ちです。試験当日、センターでは突然の漢詩文に面食らったり、名古屋大学の二次試験では衝撃的なむつかしさの物理に頭痛がしたりで決して余裕はありませんでした。それでも今の合格があるのはあきらめなかったからだと思います。後輩の皆さんは、試験当日までは計算高く準備を重ね、当日はどんな難問奇問に出くわそうとも絶望せずにもてる力を発揮してください。皆さんの努力、そして何より、その努力が結晶することを心から願っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

とにかく大丈夫だと言われたこと。(これはこれでプレッシャーにもなりましたが+の効果のほうが大きかったと感じています)

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

気分転換になります。憧れの大学生の方々と接することは少なからずいい刺激でした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かったから。また、一斉授業形式ではないという特徴を活かすことで自分好みの学習スタイルを創造できるだろうと期待したから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

何かを成し遂げることの喜びを知りました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏を終えたあたりから疲れがどっと表面化しました。乗り越えるというよりは付き合い続けたという感じです。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のパンフを読む。終わった後のことを想像する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

たびたび実際に大学を訪れて気持ちを高めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

先の見えない試練。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

最先端の医療を作り上げていきたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 国公立大医学部対策数学 】
全分野総ざらい、解説がわかりやすい、追加で演習できるように多くの良問が収録されている

【 国公立大医学部対策数学演習 】


【 過去問演習講座 名古屋大学(全学部) 】


 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 24