2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1498人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

片山果恋さん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 千葉市立稲毛高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 陸上部

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

「絶対に行きたい」という気持ちが大切

 私は、高2の12月に東進に入学しました。元々計画的に勉強するのが苦手でしたが、東進では担任の先生や担任助手の方、グループ・ミーティングの仲間に支えられ、目標の早稲田大学に合格することができました。

受験勉強において、どの志望校でも本当に大事だと言えることが二つあります。まず、「自分がなぜその大学・学部に行きたいのか」を自分なりに明確にすることです。私は高2になっても行きたい大学が決まりませんでしたが、いろいろな大学のオープンキャンパスに参加したり、パンフレットを読んでいくうちに将来の目標ができました。また早稲田大学の活発な雰囲気に憧れ、志望校を決定しました。「絶対に行きたい」という気持ちがないと、勉強は続きません。直前期になってからもモチベーションが上がらないときは担任助手の方に相談したり、同じ志望校の仲間と話すことで自分の思いを再確認し、最後まで量と質を落とさずに勉強することができました。

二つ目は、計画を立てて勉強することです。今日は何をやるか、参考書はいつまでに終わらせるかなど、期間内に量を決めておかないと、何となく勉強した気で毎日が終わってしまいます。東進の映像による授業は自分のペースで進められることが一つの魅力ですが、毎週のグループ・ミーティングでどれだけやったかを確認し合い、週ごとの目標を立てることで計画的に受講を進めることができました。夏休みや冬休みには「今日は何を何時間やる」と教科ごとにスケジュールを立て、無駄な時間をつくらないようにしました。

思うように勉強が進まなかったり、勉強する意味を見出せない時期もありましたが、合格通知を見たときは「やってきてよかった」と本当に思いました。今まで本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも親身になって相談に乗ってくれた。落ち込んだ時も笑顔で励ましてくれて嬉しかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校のこと、勉強の相談など何でも話すことができた。アドバイスがとても励みになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

成績返却が早く、分析が丁寧だった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業が魅力的だったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

志望校のモチベーションを上げることができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

主体的に勉強して教養を身に着け、社会に貢献できるような人材になる。また多くの人と関わりを持ち、広い視野を身に着ける。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業が分かりやすかった。

担任指導
親身になって相談に乗ってくれた。

東進模試
返却が早く、分析も丁寧だった。

Q
おすすめ講座
A.

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(標準) 】
構文の読み方を基礎から学ぶことができた。和訳のコツをつかみ、長文も読めるようになった。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 84