2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1499人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京外国語大学
国際社会学部

no image

写真

金子誠生くん

東進ハイスクール北習志野校

出身校: 佐倉高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: カヌースプリント 副部長

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

自分を分析して、自分の理想を追い求めること

 僕は高校二年の九月に東進に入りました。周りも受験勉強を本格的に始めていたことにあせり、部活と両立しやすそうな東進を選びました。

できればすべての科目を基礎から学ぶために多くの受講を取ったほうが良いのかもしれませんが、受講によって多くの時間を絶対量確保することが難しかったため、古文・漢文・世界史は自学で取り組むことにしました。これは、担任助手の方に勧めていただいたやり方で、結果としてかなり少ない時間の勉強量で、自分に必要なレベルまでの学習にとどめることで、センター本番も満点近く取ることができました。授業の質の高さに甘えて、受けるだけで成績が良くなると勘違いせず、担任助手の方々とも相談しながら、自分の勉強内容をコントロールするのはあくまでも自分なのだ、という意識で取り組むと合格に近づくのではないかと思います。

また、部活動を疎かにしたくなかったため、高速マスター基礎力養成講座は早めに完全習得したり、自分で学習計画を立ててることによって、勉強のせいで部活に支障が出るなどとならないようにしていました。関東大会やインターハイのときにすっきりと大会に集中できるように、その期間の分の勉強を前もって済ませていました。国体前の一ヶ月は魂を削って部活動に取り組んでいたため、中途半端に勉強するのではなく、割り切って東進には行きませんでした。そのおかげで、悔いなく引退でき、その後の10月からの受験勉強に専念することができました。

受験勉強で大切なことは、自分を分析して、自分の理想を追い求めることだと思います。受かる人は、自分に何が必要かを常に考えて、目先のことにとらわれない人です。模試の判定よりも内容に注目できる人です。だらだらと廊下で無駄話をしない人です。辛くなったら休んだりするのも、自己分析のひとつです。受かるための行動を模索し続けることが大切だと思います。どんなにがんばっても、最後は運で決まってしまうこともあります。僕も多くの幸運が重なったおかげで合格することができました。もう一度受けたらほかの人が受かるかもしれません。しかし運が味方しても受からない人になってしまう人も沢山います。僕は、運があれば受かる、というレベルの実力をつけようという考えで勉強していました。これのおかげで、模試の判定などではなく、自分の実力に注目して勉強することができました。

大学進学後は、この受験期含めた高校生活の経験を生かして、今の自分が想像できないような人間になれるようにすごしていきたいと思います。今までお世話になりました。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

二次対策の仕方は、担任助手に言われた通りやったら受かった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

短い時間の中で必要なことを厳選していただいた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

判定よりも間違えたところを知るほうが大事。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動との兼ね合い

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りの仲間の勉強法などを参考にした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

やれるときに勉強を確実にやる。集中力は役に立った。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

宮崎先生の公開授業では、英語のレベルの高い人をはじめて見たため、とても刺激を受けた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

とにかく量が周りと比べて少なかったので、ただ勉強するだけでした。勉強の悩みは勉強が解決してくれました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

常に自分より上の人をみて、頑張ろうと思っていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校が決定して、外国語を話せるようになりたいと思って検索したときに、一番レベルが高かったため目指しました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

いろんな意味でよい経験でした。周りと助け合いながら、ひとつの目標を達成する難しさと楽しさを知りました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界のいろんな人と触れ合って自分の常識を日々覆して生きていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力のある講師陣
一人では理解できないところをわかりやすく解説してもらえる。

高速マスター基礎力養成講座
最低限必要な単語力がすぐに身につく。隙間時間を使う癖がつく。

過去問演習講座
解説がわかりやすい。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
夏期、冬期、直前と合わせることで大体の文法事項を網羅できるし、忘れにくい。

【 過去問演習講座 東京外国語大学 】
解説ないと理解できない問題だから。

【 入試対策:センター試験対策現代文 】
現代文を論理的に解くようになる。

 東京外国語大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒