2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1494人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
経営学部

no image

写真

岩見明日香さん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 品川女子学院高等部

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 弓道部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

決まった習慣で慣れた環境で「いつものように」勉強できた

 私は高2の1月頃に東進への入学を決めました。自分が家で勉強できないことは明白だったので家から近い東進を選びました。以下私の東進の活用法をあげたいと思います。

まず、上に述べたように私は家だとだらけてしまう性格なので東進になるべく滞在するようにしました。自動的に勉強時間が増えたことが第一志望校に受かることのできた一番の要因になったと考えています。例えば夏休みではいつも開館時間に朝登校し下校時も閉館時間までいました。また、朝の頭が冴える時間帯に数学を、昼の眠くなる時間帯には世界史を、と時間帯ごとにやることを大体決めて勉強していました。このように毎日同じような時間に登校し同じ時間に下校することで生活リズムが整い、決まった習慣で慣れた環境で「いつものように」勉強できたことが励みになりました。

講座については、計画を担任助手の方と一緒に設定したことであまり計画を崩さずに早期受講終了を達成することができました。早めに受講を終わらせたことで基礎となる部分を最初に固めることができました。東進特有であるグループ・ミーティングは刺激を与えてくれる良い機会となりました。元々負けず嫌いであるという性格もあり、同じグループのメンバーに負けないよう頑張ることができました。グループ・ミーティング内だけではなく、東進でできた友達は最高のモチベーションにもなり受験生活を楽しませてくれます。模試を一緒に丸付けして落ち込んだときも友達に追いつけるよう頑張ろうと思えたし、一緒にご飯を食べるときが唯一の気分転換でした。

この一年間は努力を積み重ねてきた年となりましたが、それをここで終わらせず、これからの人生この努力を継続して生きていきたいです。講座だけでなく、頑張れる環境を作ってくださった東進には頭が上がらないです。勉強方法や努力の仕方は人それぞれですが、最終的には全員が実力をつけるので運に左右されることもあります。なので、善行を積み重ねるのも有効かもしれません。私の場合は切れそうなトイレットペーパーを積極的に変えていました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

併願校が決まらないときに助けてくださったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

落ち込んでいるときに声をかけて相談にのってくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家が近かったから。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

夏休みが始まるころに長時間勉強し続けるのを体感できたこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ひたすらいろいろな人に相談にのってもらった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

計画通りにすすんだときの達成感が気持ちよかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 センター試験現代文完成(90%突破) 】
林先生が偉大でした。

【 入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破) 】


【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】


 横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 40

志田晶先生

入試対策:センター試験対策数学Ⅱ・B(70%突破)

基礎を固め、センター数学Ⅱ・Bで70%を突破

前半で、センター試験頻出の基本項目をもれなく学習し、後半ではセンター試験レベルの問題を題材に、学習を進めます。本番で絶対落としてはならない基本的な問題を中心に、基本事項の総整理と解法対策の両面からセンター試験を攻略します。※ センター試験対策数学Ⅱ・B(90%突破)と内容が一部重複しています。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター試験で数学Ⅱ・Bを受験する生徒、センター試験数学Ⅱ・Bの過去問等の得点率が40%未満の生徒