2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
教育学部

no image

写真

安久津恒和くん

東進衛星予備校いわき駅西校

出身校: 磐城高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 数学部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

向上得点を意識した学習が自分の自信に繋がった

 僕が受験に臨む中で最も怖かったのは、努力が目に見えにくいということでした。実際、模擬試験などを受けても判定の伸びがあまり見られなかったり、偏差値もそれほど変わらなかったりと、日々の学習が身になっているという実感を得にくかったです。

そんなとき僕は、東進の向上得点を活用しました。向上得点は自分の学習量に比例して増えていく、いわば努力量を“見える化”したものです。高速マスター基礎力養成講座や受講後の確認テスト・講座修了判定テストを一生懸命こなし、向上得点を稼ぐことで自分の努力が成果として表れているという自信を得ることができました。だから東進に通う皆さんには、ぜひ向上得点を意識した学習を心掛けてほしいです。向上得点を自らの学習の指標とすることで、やる気を継続させることができ、東進に行こうという意欲も生まれるからです。勉強へのやる気が出ない人、やる気がすぐ失われてしまう人は活用してみてほしいと思います。

もう一つ僕が受験に関して恐れていたことを挙げるとすれば、試験のその日まで敵が見えないということでした。模擬試験でどれだけ順位が出ても、自分より上位にはどういう人がいるのかわかりません。そんな不安を感じている人も少なくないでしょうが、そういう人もぜひ向上得点を活用してほしいです。ひと月ごとにランキングが出る向上得点は努力量の全国大会とも言えるから、そこで上位に入れれば全国でもかなり学習に励んだということになります。おそらくそのランキングには“常連”がいるだろうから彼らに負けないような努力を継続してほしいと思います。そうすれば、敵が見えない恐怖に負けることもなくモチベーションを維持できるはずです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模擬試験の結果が返ってくると毎回行っていたが、結果の捉え方や復習の仕方を学ぶことができた。数字だけを意識して結果を見るのではなく、分野ごと、単元ごとに見て自分なりの分析を加えていくことが重要だと学んだ。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

まずはセンター試験の形式に慣れることができたということ。1年生から受験すれば、相当なアドバンテージになる。そして基礎の確認ができるということ。問われる内容は基本的なことが多いから、履修内容の復習にもなる。共通テスト世代の学生も受けてみる価値はある。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進最大の特徴は、超有名講師陣の質の高い授業と、それに裏付けされた圧倒的な合格実績であろう。テレビでも見かけることの多い東進講師陣は、テレビの画面越しに伝わるわかりやすさを授業でも遺憾なく発揮し、私たちに学ぶ楽しさを教えてくれる。その楽しさは日々の学習にも活かされ、自学の意欲も生まれる。そうすることで,東進は他塾を寄せ付けないほどの合格実績を積み上げてきたのだろう。かくいう私も,この2つに惹かれてしまったのである。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ内で受講数や向上得点を共有することで、モチベーションにつながった。グループ内でも競争心が芽生え,仲間としてライバルとして互いに高めあうことができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校行事がある期間は勉強のことは忘れた。一つのことに集中することで終わってから未練が残ることもなく,気持ちを切り替えやすかった。高校時代の思い出は一生忘れられないものだから、目一杯楽しんでほしい。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

三年の夏が一番辛かった。暑さもあってか勉強に身が入らず、模試の結果が停滞し志望校を変える決断をした。そのときの「志望校を下げてまで不合格だったら親や先生に見せる顔がない」という思いが自分を奮い立たせた。辛いときは、「誰かのために」ということを思うことも大切だ。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ大学を志望していた友の存在。模試で彼を認識してから、彼に負けないようにと勉強に励んできた。互いに高めあえる友の存在はなくてはならないものである。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校一年生の時、学校の主催でキャンパス内を見て回る企画に参加したのがきっかけである。充実した設備と豊富なカリキュラムに惹かれ、受験を決意した。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

私にとっての受験勉強は、人生で最も充実した時間だった。これほど時間の少なさを痛感し、やるべきことの多さに狼狽したことはなかった。受験勉強を終えた今、満足感で心がいっぱいである。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

教育学部に進学する以上、教育の面で貢献していきたい。私は地方の公立高校の出身で、学習に関して都会の学生との情報格差があるのを感じていた。将来はその情報格差をなくす取り組みをしていきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
東進での学習は、基本的に先取り学習である。そのため、学校の授業の予習として使えるという点で公立高校の学生にはもってこいである。

東進模試
一年に数回行われる東進模試は絶対評価がしやすく、学力の伸びを反映しやすい。定期的に受験することで、形式に慣れるだけでなく自分の実力を再確認することができる。

特別招待講習
東進は塾生以外にも目を向けており、特別招待講習がその一つである。勉強に悩みを抱える学生に東進の講座を無料で提供することで、彼らの救世主となっている。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[基本編] 】
理系の学生、難関大を目指す文系の学生は受講したほうが良い講座である。“数学力”ともいうべき数学的な視点や考え方を身に着けるには最適である。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
受験で国語を使用するすべての学生にオススメしたい講座である。「記述・論述」というタイトルで気が乗らないかもしれないが、文章の読み方を学び、読解力を身に着けるには最適で、私の国語力の8割はこの講座のおかげといっても過言ではない。

 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒