合格

ぞくぞく公開中!1490人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

青木絵利香さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 女子学院高等学校

東進入学時期: 高1・4月

この体験記の関連キーワード

目的を見誤ることなく、着実に自分の足で

 東進ハイスクールには高1から通わせていただきました。高1の1年間はセンターレベルを固めることに注力し、高2の1年間は数Ⅲの基礎レベルを固めました。高3ではハイレベル物理、東大対策数学、ハイレベル化学を受講し、東大レベルの勉強を進めていきました。受講が終了したのは7月末と遅く、夏休みをフルに復習に費やすことはできなくなってしまいましたが、毎日7時間以上勉強することを習慣づけられたのは良かったと思います。残りの夏休みはテキストの復習(特に物理)を集中的に行い、少しずつ模試にもその結果が現れ始めました。

文化祭を終えて10月くらいから東大の過去問を少しずつ見始め、本格的な演習を始めたのは12月に入ってからでした。単願にすることを決めたのもこの頃です。センターのみの勉強にはセンター1週間前から切り替えたのですが、もう少し早くやっておくべきでした。得意な英語で信じられないミスを連発し、悔しい結果に終わってしまいました。センターの翌日からは切り替えて勉強したのですが、この頃になって自分がいかに苦手な分野を避け続けていたかに気付き、単願にしたことへの焦りも加わって急速に自信がなくなっていきました。今更復習したところでその分野が出るという保証も、その分野を克服できる保証もない、と思って落ち込んでいたのですが、家族や東進の担任の先生に励ましてもらい、何とか最後までやりきって、合格できました。

合格が分かった今も後悔は残っているものの、掴んだチャンスを精一杯生かして学びに励むことが、私の受験を支えてくれた人たちへの最大の恩返しになると思い、4月からの学びの日々を楽しみにしています。

後輩の皆さんにはこれからの時間を通じて、自分の苦手な分野から逃げることなく、確実に理解できたという確かな手ごたえと自信をつけながら、地道に進んでいっていただきたいです。落ち着いて本番に実力を出し切るために必要なのは自分に対する自信であり、その自信は正攻法の努力によってのみ得られると思います。目的を見誤ることなく、着実に自分の足で、合格へと向かっていってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東大2次試験2日目に直接本郷キャンパスまで応援に来てくれて、手紙を渡してくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

返却が早い。

Q
東進を選んだ理由
A.

授業選択の自由度が高く、自分の学力や予定に合わせて受講を進めていけるところに魅力を感じたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

文化祭実行委員会で幹部を務め、高2の夏休みの1か月ほどはほとんど勉強ができなかったので、短い時間でいかに自分のやるべき分野を勉強するかということを考え、工夫しながら勉強できた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

清華大学短期留学に参加したことで、自分の将来をどのように考えればよいのか、自分の好きなことは何であるかを考えるきっかけを得られた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

直前期に自分のこれまでの勉強に対する後悔が湧いてきて自信が急速になくなっていった。乗り越えられたかといわれると微妙だが、家族や投信の担任の先生が励ましてくれたおかげで、最後までやり切れた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

建築家になるという目標を思い返すこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

隈研吾先生が東大で教えていらっしゃる(高1当時)ということを知ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の弱さや不安と向き合いながら1つの目標に向けて努力する時間。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築家として、環境問題あるいは貧困問題に対してのアプローチと美しさを兼ね備えた建築物を世に送り出したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
受験を最後までサポートして下さる、最高のパートナーです。

実力のある講師陣


東進模試
スピーディーな返却で、自分の現時点での実力が把握できました。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
F=maから始まる鮮やかな説明、微積分を用いた正確な理論を、学校の教科書的な物理が染みつく前に体感できたから。

【 ハイレベル物理 電磁気学 】
F=q(E+v×B)、マックスウェルの理論を最初から導入してもらったおかげで、電磁気学という分野の概要を意識しながら学べたから。

【 東大対策数学[Ⅰ・A/Ⅱ・B]-論理編- 】
東大頻出の存在条件分野はできる、という自信を持たせてくれたから。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 54