2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1497人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
政治経済学部

no image

写真

浦崎達也くん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 立教新座高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

勉強にメリハリをつけることが大事

 僕が早稲田大学政治経済学部を第一志望としたのはとてもシンプルです。名前の響きがかっこよかったからです。特に明確にやりたいことがあったわけでもなく、ただ単に早稲田への憧れが強い志望動機でした。もちろん家族や予備校はもっと立派な動機を望ましいとするし、実際立派な動機を持っている受験生もたくさんいます。しかし受験とは厳しい世界で、どんなに立派な動機があっても試験本番で点数が足りなければ簡単に落ちてしまいます。だとすれば鍵となってくるのは、志望校へ行きたい気持ちをどれだけ日々の学習に反映できるかだと思います。僕は早稲田の政経への憧れだけを胸に、長い受験勉強を乗り切り無事合格できました。

また、勉強のメリハリをつけることも非常に大事だと思います。高1、高2のころは部活が忙しかったため、電車での移動時間は高速マスター基礎力養成講座や英語のリスニングを積極的に行いました。直前期では私は家では誘惑に負けてだらけてしまい、全く集中できませんでした。そこで受講や過去問を東進の閉館時間まで集中して行い、家では基本ペンを握らず英語の音読や日本史の教科書の読み込みなど寝転がりながら出来る勉強だけするなど、日々の勉強にメリハリをつけることを意識しました。こうすることで効率的に成績を伸ばすことができ、途中で息切れすることもありませんでした。行動にメリハリをつけることは受験が終わった後の大学生活でも活きると思うので、受験生活を通じて得られる大きな要素だと思います。

最後に、支えてくれた家族、担任・担任助手の方々に感謝したいです。直前期では皆さんがかけてくれた言葉が大きな支えとなり、試験会場で力を出し切ることが出来ました。本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

不安や悩みを相談したときとても親身に応じてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

過去問に取り組む際のコツや科目ごとの勉強法を教えてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が忙しかったため、自分の予定に合わせられる、映像による授業がぴったりだった。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

色々な人がいるなぁと思った。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活は仲間が出来るので入るべき。ただしすきま時間は必ず勉強。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

高2で冬期合宿に参加。長時間の勉強にも耐えられる集中力がついた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

過去問を始めたばかりのころは点数が低くしんどかった。しかし解説授業を何度もみて演習を重ねることで点数が上がっていった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

スマホのロック画面を第一志望の大学の写真に設定。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに行き、綺麗な校舎や優秀な大学生たちにあこがれたこと。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の今後の人生について考える大きな機会。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

将来の夢は特にないけれど、周りから求められる人になりたい。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(日本社会経済史Ⅱ) 】


【 早大古文 実力錬成編  】


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 33