2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科三類

no image

写真

相田康太朗くん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 海城高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

受講や自主学習を通じて自らの能力や考え方を主体的に「改造」していく

 この文章を書いている現在でも,なかなか自分が合格しているという実感がわいていません。貯金を作ってくれるような得意教科は一つもなく,良く言えば中庸,悪く言えば凡人。それでも自分が合格できたのは,今振り返れば,苦手教科を無くすよう努め,どの教科においても基礎の習得と運用を何よりも重視し,緊張した中でも取れる問題を確実に正答していった結果であったと思います。

基礎が大事,とよく言われますが,基礎=簡単では決してありません。本番という張り詰めた空気の中,初見の問題と格闘して自分の答えを作っていくためには,教科書的な知識を定着させると同時に,知識を得る過程で自らの思考能力を洗練させていくことが不可欠でした。東進の講座はそのインプット学習のために利用していました。とはいっても,ただ機械的に受講やテストをこなすだけでは不十分です。復習を何度も繰り返し,知識を噛み砕きながら解釈し,自ら運用できるようにしていくプロセスが,たった一回の本番で力を発揮するために何よりも重要なことでした。

僕と東進の出会いは,高校2年生のときでした。野球部に所属し,怪我もしがちで通院が続いていた自分は,平日は疲れて勉強できず定期テスト直前に猛勉強し学校の成績はそれなり,しかし模試の成績は散々…という日々を送っていました。そんなときに目にとまったのが,自分の好きなときに受講できるという特徴を持った東進でした。

9月ごろから,部活終わりに東進に向かい,毎日自習や受講をこなす新たな日々が始まりました。家では疲れてだらけてしまう自分でしたが,ひとたびホームクラスに入れば,短い時間でも集中してやってやろうという気がわいてくる。学力向上の素地を作ったのは,間違いなくこの高校2年生時の勉強習慣の形成であると思います。わずかな時間でも毎日机に向かい,英語と数学の基礎力を重ねていったことが,合格の大きな要因となりました。

そうはいっても,成績の伸びは順風満帆というわけにはいきませんでした。勉強がいやになるときも何度もありました。そんなときに何より大きかったのが,担任助手の方やグループ・ミーティングの存在でした。友達とさまざまな言葉を交わし,勉強方法を相談し,目標を共有しあう機会は,受験期に本当に心の支えになりました。直接の担当でない担任助手の方も含めていろいろな言葉をかけてくださったり,相談に乗っていただいたりしました。身近なところに気軽に話せる大学生がいるということは,自分の将来を考える上でも大きなモチベーションでした。とても居心地が良く,東進は自分にとっていつしか,第二の家となっていました。

東進のいいところは,なんといってもその自由度の高さです。面談をはじめサポートも手厚く,自ら研鑽して能力を高めるにはこれ以上ない環境です。裏を返せば,ノルマや担任の先生の言葉に流され,本当にすべきことから離れ,受動的に受講を「こなす」だけになってしまいがち,ということでもあります。

受験生のみなさん。「自分から動く」ということを,何よりも大切にしてください。受講や自主学習を通じて自らの能力や考え方を主体的に「改造」していくという感覚を,何よりも重視してください。自分が主体となって計画を練り,必要な勉強を明確にし,担任の先生や担任助手の方からサポートをもらいながら実行し、それを振り返る…というプロセスの繰り返しが,受験勉強の全てであるといっても過言ではありません。東進のすばらしい環境,生かすも殺すも自分次第です。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のやりたいことを最大限に尊重していただき,それに沿った講座や計画を提示してくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ大学を目指していたひとつ上の先輩が担任助手の方についてくださった。細かな勉強のアドバイスから受験後半期にはメンタル面のサポートまで,本当にさまざまな場面でお世話になった。感謝の気持ちしかない。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試ごとに目標点を定め,そこから日々の勉強に落とし込んで何をするべきかを考えた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のタイミングで受講できるという特徴に惹かれた。校舎もきれいで,自主学習をする環境も整っていた。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の話というよりも,大学入学後を見据えた話や他愛ない雑談などを多く盛り込んでくださった。特に受験直前期は,不安や心配に苛まれる中で,週一回の集まりが心の支えになった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

24時間という限られた時間をうまく活用して,部活も勉強も結果が出せるように工夫する力が養われた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

西きょうじ先生の公開授業。先生ご自身の体験をふまえ,受験に向かう心の持ち方の根本を教えてくださったことが,今でも強く印象に残っている。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強の成果が出ないときに、自分を追い込んで勉強だけに意識を向けてしまわないことを大切にした。部活,友人関係,学校生活,睡眠…といった勉強以外の面を充実させることで,勉強にもよい循環が生まれてくる。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の全ての行動が受験に結びついていると考え,「合格する自分の理想像」を頭に思い描き,それに近づこうとした。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

分野を問わず,学際的で多様な教養を身につけ,自分の世界を広げたかった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を人間的に成長させてくれる貴重な経験。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分は文科学生だが,理系学部である農学部への進学を目指している。文系的素養や語学力を生かしながら,現地の人々との関わり合いを通じて,国際的な食糧問題を解決する役割を担いたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
時間や席といった縛りもなく,最高の環境でためになる授業を受けられる,すばらしい環境だと思う。巻き戻しや繰り返し再生が可能であることも大きい。

東進模試
2ヵ月ごとという高頻度で実施されるので,模試ごとに目標点を定め,勉強のペースメーカーとして活用することができた。

担任指導
計画立案や勉強方法のアドバイスなどをたくさんいただくことができた。面談も頻繁に実施され,本当に面倒見がよかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】
現代文の読み方から論理的思考法のイロハまで,自分の根本を大きく変えてしまうほどの薫陶を受けた。現代文にはかくも緻密な,システマティックな解法があるのか,と驚きの連続であった。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒