2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1332人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

大竹隆翔くん

東進ハイスクール荻窪校

出身校: 海城高等学校

東進入学時期: 中3・9月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

環境を有効活用できたので最後まで自信をもって戦い抜くことができた

 僕が東進に入学したのは中三の秋です。その頃はサッカー部に所属していたため忙しい毎日を過ごしていて、学校の成績は平均以下でした。このまま高校に上がるのはまずいと思っていたところ、自宅の近くの東進で映像による授業を体験できると知り、夏休み中に利用してみました。苦手としていた古文の授業を受け、分かりやすい映像による授業のおかげでそれまであまり勉強する気になれずに苦手としていた古文に興味を持つことができ、勉強が楽しく感じられるようになりました。

そのおかげで、高校に上がって初めて受けた学校の定期テストでは二十位ぐらいまで急激に成績を上げることができ、その後も順調に勉強に取り組めて、定期テストでは上位を取り続けることができました。

東進では授業は映像で受けるため、自分で必要と感じた科目を選んで、受けたいときに授業を受けられます。部活や学校のない空いた時間に集中的に授業を進めることができ、主体的に勉強に向き合うことができました。また、東進では大学生の担任助手の方が熱心に指導し、質問に必ず応じていただけたので、勉強に対する意欲を持ち続けることができました。

僕が一番受講して良かったと感じているのは現代文講座です。東進では与えられた教材をただ受動的にやるのではなく、主体的に自ら学ぶ環境が整っているので、勉強の計画などを考えて、どのようにすればうまくいくか考えながら効率よく自分に合った勉強ができました。この環境を有効活用できたからこそ最後まで自信をもって入試を戦い抜くことができ、無事受験校すべて合格できました。

大学に入ってからは様々な優秀な人と出会い、刺激を受けることが楽しみです。将来は得意な英語を使って海外で生化学関連の研究をしてみたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分が学んでみたい科目を伝えるとすぐに適切な講座を用意してくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

よく質問させていただいたのですが毎回しっかりと応じてくれたためスムーズに勉強を進められました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

科目ごとに来年までに足りない部分をどのように勉強していくか考える良い機会になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので部活で忙しい時も空いた時間に授業を受けられるから。また、自宅の近くにあったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでは東大模試の過去問演習をやりました。自分の勉強不足を感じて、つらかったのですがとてもためになりました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は英語を自在に使って海外で様々な国の研究者たちとともに生化学関連の研究をして、その分野の第一人者となり、社会で役立つ成果を挙げたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
熱心な指導を身近に感じられました。

実力のある講師陣
分かりやすくかつ深く学べました。

東進模試
模試は一日で一気に行うため疲れましたが、そのおかげで本番では実力を発揮出来ました。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策国語 】
現代文の文章が構造的、論理的に読み取れることができるようになり、どのように勉強すればよいか知ることが出来ました。

【 物理攻略 原子・原子核 】
古典物理学とは異なる興味深い量子力学の世界を味わえました。先生は「自分で納得して、自然とそのように考えることが出来るようにならないと理解したことにならない」とおっしゃていたのですがその通りだと思いました。

 東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

林修・三羽邦美先生

東大対策国語

国語で差をつけて東大合格を引き寄せる

東大の厳しい要求水準を突破するために、東大国語の内実を徹底的に分析し尽くし、緻密な訓練を行う講座です。他大学とは次元の違う極限まで洗練された問題の本質にどこまで迫れるか、あの狭い解答欄にどこまでポイントを押さえて表現しきるか、さまざまな課題をクリアしながら、東大合格への基盤を固めていきます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:基礎力は十分に身についている東大志望者