2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本大学
理工学部/第一部(昼間部)学部

no image

写真

芦原さくらさん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 千葉東高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: マンドリン楽部 指揮者

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

自分の決めたことを自分のペースでやるということを大切に

 私は高1高2の頃は学校の課題や小テスト、定期テストの時に勉強するくらいで勉強をする習慣が全くなく、受験を意識し始めたのは高2の夏に東進に入ったことがきっかけでした。でも、部活が忙しいこともあり高3の6月まではほとんど勉強出来ておらず、周りの友達のスイッチが入り始めたことに日々焦りを感じていました。部活が終わるまではとりあえず英単語に力を入れ、勉強する習慣を身に着けるようにしました。

部活が終わり高3の夏が始まるとき、受講の残りのコマ数が100コマ近くあり周りがセンター演習を始めたことへの危機感を感じながらも、基礎固めが大事だと思い予習復習をしっかりやり、質の高い勉強を意識してとにかく受講を進めました。秋からはセンター演習に力を入れて、そこでできなかった問題を問題集に戻って穴を埋めていく形で勉強をしました。

11月頃には第一志望の過去問を3年分解き、自分の学力と志望校のレベルの差に不安を感じましたが、自分に欠けているものは確実に演習量だったのでとにかく様々な問題に触れるようにしました。間違えた問題に印をつけ同じ問題集を覚えてしまうくらい何度も繰り返し解き直ししました。

私は解くのがとても遅かったのでセンター直前は、試験時間を短く見積もって大問1つごとの時間を決め、時間を意識してセンターの過去問をひたすら解き問題の形式をとらえるようにしました。

センター後は私立に切り替えて過去問を解いては分析を繰り返しました。私立直前には、過去問で特にできなかった分野の問題集をもう一度解いて不安な部分を取り除くようにしていました。私は他の人と比べてとにかく時間がなく日々焦りを感じていましたが、自分の決めたことを自分のペースでやるということを大切にしていました。何か自分の中で大事にすることを決め最後まで続けることが大切だと感じました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングで進度を図れるところ。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

何をやればいいか教えてくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の志望校と自分のレベルの差を知れるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近く通いやすいから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

英単語のカルタみたいなことをしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

最後まであきらめない気持ち。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

毎日学校に行って友達と話すこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の生きたい学部をもとに決めた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大変だったけどその分成長させてくれたもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築関係の仕事に就くこと。

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト
必ず復習できるから。

担任指導
どのくらいのペースで進めればいいか教えていただけるから。

高速マスター基礎力養成講座
どこでも簡単にできるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
問題までしっかり解けば身につくから。

【 スタンダード物理 PART2 】
復習もかねて学べるから。

【 高等学校対応 数学Ⅲ-標準- 】
分野ごとに学校の先取りでできたから。

 日本大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5