2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
生命環境学群

no image

写真

千葉涼介くん

東進衛星予備校川越市駅前校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 應援團 団長

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

自分でやるべきだと思ったことは何事もやり切る

 今回、筑波大学に合格できたことに僕自身が一番驚いています。ただ今までやってきたことが間違いなかったと証明できたと思うと今までの努力が報われたように思えて嬉しく思います。それと同時に、今後も様々なことに努力を怠ることなく、挑戦し、自分に自信を持って取り組んでいきたいと思います。ただ、ここが決してゴールではないという事は胸に刻んでおきたいです。

僕が受験勉強に取り組むにあたって大事にしていることは自分でやるべきだと思ったことは何事もやり切るという事です。具体的には、東進のテキストはもちろん、東進模試やその他、学校で行われる模試、自分の使用している参考書、学校の授業、定期テストです。また、何事もやり切ることは、勉強だけではありません。学校行事や部活動、自分がいま行っていることも含まれます。このように自分が必要だと思って選択したものや、選択した学校のことをやり切れなければ、自分が選んだ志望校に対してもやり切れないと思うし、中途半端であったり、楽観的だったりしては結果がついてこないと思います。自分が選択したことが自分の成長に必要な事であると考えて、全力で取り組むことが合格への第一歩であると思います。

僕がとりわけ必要だと感じて取り組んだものは過去問演習講座です。過去問演習講座に取り組んだことで10年分もの過去問が出来るだけでなく、答案を添削してもらうことによって、二次試験に必要な記述力が上がり、他の受験生と差をつけることが出来たように思います。さらに東進の過去問演習講座には解説授業がついており、目、耳、手を使うので効率よく過去問に取り組めて、更に今後何をすればよいか明確になるので志望校合格には最適であったと思います。

僕は将来、様々な環境問題に取り組みたいと考えています。そのために必要となる知識を大学で学びたいです。さらに大学生活を通して、自分の行動に責任を持ち主体的に行動できる人材になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕が悩んでいる時はその悩みを聞いて下さり、真剣に向き合ってくれました。また、登下校の際は必ず話しかけてくれて、受験期の中で楽しい時間の1つでした。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングではグループの中で出た疑問にどんなに時間がかかっても解決するまで向き合ってくれました。模試返却面談では弱点を指摘してくれるだけではなく、自分では気づけない長所も教えてくれて、勉強のモチベーションに繋がる指導をして下さいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高いレベルの内容の中で自分の弱点を見つけられる為、二次対策や私大対策の助けとなりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活と勉強が両立出来て、尚且つ筑波大学に現役合格できる力を身に付けたかったからです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

漠然としていますが、私は主に化学の知識を応用、利用し環境問題に取り組んでいきたいと思います。また、環境問題に取り組むにあたって、自分の理想論では終わらせたくないと思っています。近年、理想論ばかりで実践しないひとが人が多くいるように感じます。私はそうなりたくないし、自分で考えたことには主体的に行動し、実践する形で環境問題に尽力し、社会に貢献したいといます。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
時間がない中で自分のペースでどんどん受講が出来る。

過去問演習講座
【解説授業】が本当におすすめです。

確認テスト
しっかり授業内容を理解できているか物差しとなるので良いと思う。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 有機化学 】
教科書では暗記するよう書いてあることも丁寧に解説して下さり、とても印象に残るので暗記事項が覚えやすかったです。また応用的なことも詳しい解説をして下さり、化学をより深く学びたい人には最適だと思います。

【 過去問演習講座 筑波大学(全学部) 】
解説授業があるところです。百聞は一見に如かずということわざがあるように解説授業を使えば目と耳、そしてペンで書くという動作を平行出来るので勉強効率はかなり上がると思います。

 筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4