2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1491人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
経済学部

no image

写真

渡邊大己くん

東進ハイスクール亀戸校

出身校: 小松川高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受験は個人戦でもあり、団体戦

 私は、部活が厳く勉強に時間をかけることが出来なかったため、高校二年生の時に成績が極端に下がりました。高校三年生になり、焦りが生まれたことや、友人から誘われたということもあり、東進ハイスクールに通い始めました。

東進では、遅くに入ったこともあり遅れを取り戻すために、受講と高速マスター基礎力養成講座を毎日受けて、基礎を固めました。

そして直前期になって、過去問を多く解いて問題の傾向を知り、自分の弱点を知ることによって具体的な対策をすることが出来ました。

また、志望校別単元ジャンル演習講座で苦手な部分の基礎を固めることや、応用問題を解くことによって志望校合格のための効率の良い勉強をすることが出来、目標とする大学に合格することが出来ました。

受験は個人戦でもあり、団体戦でもあります。私は、東進に行くことによって、一緒に勉強している仲間と合うことによって、不安や悩みを共有して、解消できました。私は東進を家だと思っていて、一番早く来て、一番遅くに帰ることを目標に、頑張っていました。受験はつらいものです。絶対に一人じゃ乗り越えられません。仲間と教え合うことや、情報を共有することで、モチベ―ションを維持できました。

受験は長いようで、短かいものです。特に、残り100日切ってからはあっという間でした。1日1日やるべきことが沢山出てきて、いっぱいいっぱいになりました。この時期は、周りのみんなも成績が上がり始める時期なので、焦りや不安募る時期でもあったので、最もつらくなりました。

受験を終えて、周りの人への感謝の気持ちを忘れないことの大切さを学びました。私は家族や、友人、東進の先生にとても感謝の気持ちでいっぱいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の失敗談から英語を重点的にやるべきだと何度もアドバイスをしてくれました。そのため私はセンター試験本番の英語で9割を取ることが出来ました。その時に一番喜んでくれたので、やりがいを感じることが出来ました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担当の先生はとても話しやすく、何でも気兼ねなく相談できました。センター試験本番の日には会場まで来てくれて、応援してくれたことはとても励みになりました。その他、様々な面でサポートしてもらえたおかげで、僕は受験を乗り越えることが出来ました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

センター試験の直前なのでこの模試に向けて勉強していき、最後の追い込みが出来ました。また、今年の世界史のセンター試験で模試に出たものがそのまま出ました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友達が多く通っていたから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでは模試後に復習としてゲーム形式で仲間と対決をしたので楽しみながら、勉強について話し合うことが出来ました。また最初に第一印象ゲームをして笑いあったことで仲を深めることが出来ました。息抜きの時間として活用出来て良かったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活では忍耐力が付いたと思います。厳しい部活の場合両立することは難しいかもしれませんが、最低限の学校の提出物や小テストで手を抜かずにやることを目標にしたために、勉強に遅れを取らずに学校生活を過ごすことが出来ました。部活での経験は、受験勉強や今後の人生においての自信に繋がりました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

私は宮崎尊先生の公開授業に参加しました。尊先生はその時どんな学問でも100時間あれば基本は出来るようになるとおっしゃっていたので、私もこれからそのような考え方で、新しいことに挑戦していきたいと思うようになりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

最初に壁にぶつかったのは志望校の過去問を初めて解いた時です。その時は、この問題が本当に半年後に解けるのかと思うと絶望しました。しかし、そこで冷静に自分の勉強を見直し、自分と志望校との距離を知ることが出来たので、乗り越えることが出来ました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

モチベーションを高めるために主に2つのものを使っていました。1つ目は、勉強の学習時間を記録できるアプリで勉強時間を友人に公開し、自らサボることが出来ない状況に置いていました。2つ目は、YouTubeで勉強法などを見ることで意識を高めていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

目指すなら高いところと考え、憧れでもある大学を選びました。その大きなきっかけとなったことは、高校2年生の時に学園祭に行ったことです。そこで私もこのような輝いた学生生活を送りたいと考えました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

耐久戦でした。一見、馬鹿馬鹿しい地道な作業をいかに人より多くこなすかが受験勉強だと感じました。また、受験を通して、自分の身の回りで支えてくれている友人や家族、先生などのありがたみを感じました。なにかに熱中できたという経験は一生の財産になると思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私は受験を通して考え方が前向きになったと思います。今後は新たなことに積極手に挑戦していき、新たな人間関係を築いて自分の視野を広げていきたいと思います。また、大学で英語を使える力を身に付け、留学をして、外国人の友人を作れるくらいの英語力を身に付けたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
授業が分かりやすいだけでなく、面白いので楽しみながら分かりやすく学べるから。

高速学習


過去問演習講座
10年分の過去問があるのに加え、解説授業や激励をしてくれるので、自分で過去問を解くのとは違って効率よく進められモチベーションアップにもつながった。

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
この講座では音読を重視して行い、実践的に使える英語学習をすることができます。長文のテーマは多岐にわたり英文を通して自然と単語を身に付けることが出来るため、英語の成績が間違いなく向上します。

【 英語 正誤問題対策 】
この講座ではあらゆる大学の様々な形式の正誤問題に触れることが出来ます。得られる情報量がとても多く、文法事項の確認にもなります。この一冊を繰り返し勉強することで、正誤問題に対しての自信がもてるはずです。

【 ハイレベル世界史〔文化史〕 】
この講座では受験生の多くが手薄にしがちな文化史をエピソードや流れを交えて教えてくれます。難関私立大学にも十分に対応できるものまで学べるため、この一冊で文化史には自信がつくと思います。

 青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8

ハイレベル世界史〔文化史〕

後回しになりがちな文化史を一気に得点源にしよう

暗記が大変と思われている文化史ですが、ある「法則」さえわかれば意外に簡単に暗記ができます。この法則を使ってヨーロッパの重農主義・古典派などの経済思想、ロマン主義・写実主義などの文化史、啓蒙主義などの政治思想、また哲学・美術・建築などを講義します。特に中国・イスラーム文化は弱点になりやすいので丁寧に講義します。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:難関私大、難関国公立大の合格を目指す生徒。世界史を「理解」して暗記したい生徒